« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月25日 (土)

三浦半島

金曜日の夜,「明日は天気良さそうだけどどこへ行こう?」と自転車blogをいろいろと検索し,三浦半島に決定.深夜に地図をCopyにコンビニへいきました.

朝起きたら,東京はこの冬一番の寒さ.長袖アンダーと,買ったばかりの2XUの冬用ジャケットにベストを着て7:00過ぎに出発.Polarの温度計で5℃でした.

多摩サイを六郷橋まで下ってR15へ入り,横浜を目指します.R15は排気ガスが酷い..

途中,大黒埠頭へ左折,大黒大橋から横浜港の見晴らしを楽しみます.遠くに雪化粧した富士山も見えます.

Yokohamafmdaikokuwide

再びR15に戻り,みなとみらい21には9時頃到着.R16に乗り継ぎ,三浦半島を目指します.交通量が多くて,排気ガスが辛いです.他にいいルートはないものかな..

横須賀の先,馬堀海岸公園のところでR16が海岸沿いに出ます.交通量が減り,いままでの排ガスに代わっていい潮の香りが.気持ちいいルートです.観音崎手前でR16は終了.そのまま県道209に変わります.

県道209に変わって,ほどなく観音崎に到着.ここで10:30頃.

Kannonzaki

この後は出来るだけ海岸沿いを通るようにして,浦賀→久里浜→野比海岸へと出ます.野比海岸沿いの道(R134)は快調にとばせます.目指す半島の先が遠くに見え始めました.

三浦半島南端に近付くとUpdownがあり,高いところからは綺麗な景色が見渡せます.

Kenzaki 剣先あたりからみた段々畑と海.

Miyakawa 宮川町にあった風力発電のプロペラ.

Miyakawa2 宮川の港?

12:00頃,ようやく三浦半島南端に到着.城ヶ島大橋(自転車:無料)を使って城ヶ島へ渡ります.

Misaki 城ヶ島大橋から見た三崎港.遠くに富士山が見えています.

12:20頃,城ヶ島に到着.お昼ご飯を食べるところを探します.観光客は少なかったですが,見るからに観光化されてしまっていてちょっと残念.店名は失念しましたが,お刺身の定食が食べられるお店に入りました.

食べたのは,マグロのたたき/刺身/ネギトロの3点が載った定食に,追加でイカのお刺身も注文しました.お店の方に「そんなに食べて走れるの??」と言われて,ちょっと自分の食い意地が恥づかしくなります(笑).実はメチャクチャお腹が空いていたもので..

Lunchatjyougashima

満腹になったところで,13:00過ぎに帰路につきます.

帰りは,半島の東側を北上.ただ,海岸沿いにはルートがなく,葉山あたりまで内陸を走ります.葉山マリーナ,小坪マリーナの横をかすめて,材木座海岸へ.

Zaimokuza 材木座.

材木座で右折して鎌倉へ.鶴岡八幡宮~北鎌倉までは観光客がもの凄いです.

北鎌倉からは県道21->環状2号と乗り継いで(ここも排気ガスで死にそう),新横浜->綱島->丸子橋へ.あとは多摩サイを北上して帰りました.帰宅時間は17:00過ぎでした.

三浦半島はすごく良かったですが,半島への往復ルートが幹線道路ばかりで排気ガスには参りました.もっといいルートがないかなぁ..

走行距離: 175.1km

平均速度: 25.3km/h

心拍(min/avg/max): 84/138/179 bpm

消費カロリー: 2738kcal

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

白石峠

土曜日はあいにくの雨でしたが,日曜日は天気回復しそうなので,早起きして初の白石峠へ.

7:00am出発.多摩サイ沿いにまずは拝島橋を目指します.この日は明け方に東京で木枯らし1号が吹いたそうで,向かい風が強いです.南方以外はほぼ快晴で,雪化粧の富士山が綺麗に見えます.

Mtfujifromtamagawa

8:00に拝島橋到着.多摩サイを離れ,R16を北上.八高線を越えたところで左折して,県道218を使って飯能へ.飯能に着いたのが9:00頃.県道30へ乗り換えて,さらに北上します.

Miyazawalake 宮沢湖でちょっと休息.釣り堀になっているようです.

さらの県道30号を北上.鎌北湖へ寄り道.紅葉の名所と聞いていましたが,それほど色づいているようには見えませんでした.

Kamakitalake 鎌北湖

10:30頃に白石峠へ向かう県道172との交差点へ到着.

Toshiraishipass

この先の西平でロードの集団に追い抜かれました.集団は西平を右折していきましたが,私は直進して白石峠を目指します.

和田峠ほどではないですが,長~い登りが続きます.今日はコンパクトと大体同じギア比の30x15以下は使わないようにして上ります.ダンシングしないと切り抜けられないヘアピンがあります.冬用のジャージで来ましたが汗だくになります.

白石峠到着.ちょっと休憩しますが,汗が引いて寒いくらい.

Shiraishipass

さらに上って大野峠を目指します.途中でおそらく埼玉方面の景色が開けました.

Viewbtwnshiraishipassohnopass

大野峠到着.

Ohnopass

ここからは,奥武蔵グリーンラインという尾根づたいの林道を進みます.だいたい下り基調ですが,ところどころ登りがあります.ときどき景色が開けて綺麗です.

Viewaftohnopass

Karihasakapass 苅場坂峠

飯盛峠を越えて,少し行ったところで左折して,越生へ下ります.サイクリスト御用達という「甚五郎」といううどん屋さんへ.中に入ったら,サイクリスト2名がいました.お腹が大変空いていたので,菜々うどん,という野菜入りの味噌味のうどんを「大盛り」で注文しました.「中盛り」というのがあったのですが..

Noodleshop

しばらくして出てきたうどんを見てビックリ! とんでもない量です(笑).おもわず「えっ」と言ってしまいました.隣にいたサイクリストの方からも「すげぇ」,「漢(オトコ)ですね..」との声が(笑).こりゃ絶対食べきれないなぁ..と思っていましたが,何とか入ってしまいました.

Noodle (鍋ではありません..)

次はサイクリストの御用達という,近くの「パン工房シロクマ」へ.もうとても食べられないですが,後の補給用にあんパンを買いました.

Shirokuma

14:00前にいよいよ帰路につきます.帰りはずーっと追い風(北風)です.飯能でちょっと迷いましたが,15:30には多摩川へ戻りました.ここからも追い風で快適です.帰りも富士山が綺麗に見えます.関戸橋を越えたところで,太陽が富士山のシルエットに沈むのをぼんやり眺めました.

Sunset_1

多摩川の土手,是政橋などには,富士山に沈む日没を撮影しようと,沢山のカメラが並んでいました.17:00過ぎに帰宅.10時間ライドになりました.

走行距離: 185.8km
平均速度: 23.9km/h
心拍(min/avg/max): 84/146/189bpm
消費カロリー: 4100kcal

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

八ヶ岳サイクリング

連休を利用して,妻と一泊で八ヶ岳高原へサイクリングへ.

連休初日の渋滞を避けるため,5時に家を出て,中央高速で小淵沢ICを目指します.6:30には「元八王子バス停で3時間の渋滞」という情報がラジオから流れますが,その頃には既に甲府を越えていて,助かりました.8時過ぎに小淵沢の道の駅に到着.ここに車をデポし9時前にサイクリング開始.

今日のコースは「自転車人」04号(夏号)に乗っていたコースです.まずは清里方向へ向かって「レインボーライン」という道を走ります.走り始めはかなり寒い感じでしたが,10時前に八ヶ岳高原大橋につく頃には,気温も上がってきました.八ヶ岳高原大橋は川俣渓谷というのをまたぐ,全長490m,高さ110mの橋で,両側に八ヶ岳山麓の大パノラマが広がります.紅葉も綺麗です.

Yatugatakeohashi

Yatsugatakeohasi2

その後は左手に八ヶ岳を眺めながらの登りが続きます.

Yatsugatakekogenroad1

清里への曲がり角にあっという間に着いてしまったので,そのまま直進してR414へ合流し,野辺山高原へ寄り道に向かいます.野辺山高原からは八ヶ岳の綺麗な山裾が見渡せます.

Yatsugatakefromnobeyama

日本の鉄道標高最高地点(標高1345m)を通り越して,野辺山宇宙電波観測所へ.口径45mの巨大なパラボラアンテナをはじめ,沢山のパラボラアンテナを見学する事が出来ました.

Paraboa

清里に戻って,清泉寮の近くのキープ農場のテラスでお昼ご飯を食べました.25個限定というシューソフトクリームも食べました.名物のジャージーミルクを使ってるらしく,濃い味で美味しかったです.

Keepfarmlunch Icecream

清泉寮へ向かう坂を上り,八ヶ岳高原ラインで小淵沢へ向かいます.八ヶ岳高原ラインに入ると,すぐに通称「赤い橋」と言われる東沢大橋があります.景色に真っ赤な橋が映えて綺麗です.

Akaihashi Akaihashi2

少し登ると,今日の最高標高地点のまきば公園に到着.モコモコしたヒツジがいっぱい居ます.

Makibakoen1 Makibakoen2
この後はひたすら下り.紅葉の山麓を延々と下って小淵沢へ到着.冷え切ったので,早々にホテルにチェックインして温泉に行きました.

ホテルは清里の牧場通りにあるオーベルジュというホテル.オーナーシェフの料理が自慢のホテルです.前もってディナーの料理をフランス料理とイタリア料理から選んでおきます.妻の希望もあってフランス料理を選択しました.実はこれまでフランス料理を美味しいと思ったことはあまりなかったのですが,ここの料理は私の口に合ってとても美味しかったです.ワインも堪能しました.

1stplate_1Soup Main0  Main1

2日目はツール・ド・八ヶ岳のコースである標高2129mの「麦草峠」が目標です.もともとはホテルから全部自走で走る120kmのコースを考えてましたが,妻にあっさり却下されました(笑).結局,R419を松原湖まで走り,湖畔で車をデポしてR419を自走してR299(メルヘン街道)との分岐まで行きました.

Matsubarako 松原湖

R299start R299のはじまり

ここから距離26km, 標高差1480mの登りです.10:20amにスタート.しばらくは緩やかな田舎道を進みます.

R299start2
本格的山道に入ってすぐ,ハイキングに来ていたおばあさま二人が,登りでゼイゼイ言って登っている妻を見て,
「あら~,女の人じゃない.わぁー」
と言って手を振って応援してくれました.妻は久々のヒルクライムだったためか,心拍は余裕でも「足がだるくて全然回らない~」という状態.タイムは気にせずゆっくり登る事にします.

R299woods

ゆっくり登ったためか,勾配はそれほどきつくないと感じました.8%,9%の看板は沢山ありましたが.

R299nobori R299koyo

八千穂高原に到達すると,一旦勾配が平坦になり,白樺の林がとても綺麗です.

Shirakaba

県道480号との分岐(松原湖へ下る道)に,レストハウスふるさと,というのがあり,標高1706mの碑が建っています.

R299bunki

そこからまた少し急な勾配が始まり,14:15に標高2127mの麦草峠到着!
妻はMt富士ヒルクライムを2時間強で走るので,休憩しながらゆっくり登っても3時間はかからないと思ってましたが,結局4時間もかかってしまいました.

Mugikusa

いろいろ記念撮影して,峠から引き返します.峠はPolarの温度計では気温6℃.下りの寒さに備え,アームウォーマー + 長袖ジャージ + 半袖のウィンドブレーカー + 指有りの手袋を装着.14:40頃峠を下り始めます.太陽が当たっていればまだ温かいですが,日陰に入ると寒さがたまりません.たまらず,さっきのレストハウスふるさとに寄って,キノコ汁とカレーうどんを食べました.凍えていたのもあって生き返ります.車で来ていた観光客に「下から登ったの??」と驚かれます.この時期はシーズンオフなのか,サイクリストには全く出会いませんでした.

Currynoodle

休憩後は県道480号をひたすら下り,下り初めから1時間ほどで松原湖到着.下りの途中で小海リエックスというリゾートホテルに温泉が有ることを発見していたので,そこまで車で戻って温泉に浸かりました.綺麗なホテルの中の温泉で,露天から八ヶ岳の山麓が見渡せます.

その後清里に戻ってご飯を食べて帰路につきました.

走行データ:
* 1日目
走行距離: 52.9 km
消費カロリー: 920 kcal
平均速度: 17.3 km/h
心拍(min/avg/max): 60/111/160 bpm

* 2日目
走行距離: 54.4 km
消費カロリー: 1260 kcal
平均速度: 14.0 km/h
心拍(min/avg/max): 74/114/175 bpm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »