« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月28日 (日)

Mt. Tam

土曜日は猛暑の予報でしたが,San Francisco方面は少しはマシそうなので,妻と自転車部のNさん,Junさん&Yokoさんご夫妻とと共にMt. Tamをちょっと登ってきました.

朝8時過ぎ,Golde Gate Bridgeに車を停めて出発.太平洋から湾に霧が流れ込んできてます.丁度うまいことにブリッジの上は晴れてるので,寒くもなく,濡れずにすみそうです.

GG bridge on the fog

土曜日この時間,橋の上は自転車渋滞.下の上手な写真はJunさん撮影.沢山のグループライドの出発時刻と重なったようです.

Bicycle jam

(Photo by Junさん)

Mill Valley手前のBike Path. 正面遠方に見える山がMt. Tam.あの頂上まで登ります.暑くなりそうな気配.

Mt. Tam

Mill ValleyからPanoramic Hwyへ.いつも下の地図のMontford Ave〜Molino Ave〜Edgewood Ave〜Walsh Dr〜Sequoia Valley Rdを通ってますが,出だしのMolino Aveの区間の勾配が尋常でない.北側に大回りするルートがありそう.


大きな地図で見る

Panoramic Hwyを快走.比較的勾配は緩やかですが,ここで意外と高度を稼いでます.

Panoramic Hwy

Mt. Tamのゲートを通過.太平洋岸は綿のような広大な分厚い霧に没してます.前回北上した太平洋岸のHwy1を南下してみたかったのですが,これでは極寒&ずぶ濡れになりそうなので,また次回.

IMG_1302

West Peak.  暑くてたまらず日陰で休息.少し高めに出るPolarですが,軽く100°Fを越えてます.

走ってきたPanoramic HwyをWest Peakから見たところ.この写真もJunさん.本当に写真が上手いです.

Panoramic Hwy & San Francisco

East Peak到達.駐車場の下に,これまで気付かなかった売店とトイレを発見.アメリカにしては非常に珍しく自販機まであります.冷えたV8が旨かった.

Sausalitoに下ったのは14時過ぎ.どのカフェも超満員.例のハンバーガー屋さんも長蛇の列でびっくり.Sasalito Bakery & Cafeで昼ご飯を食べ,最後にMarin Headlandsに寄って帰りました.

SF view

走行距離: 30.7mile (途中メータがストップ.後+10mileほどあったはず).
平均速度: 7.9mph
心拍(avg/max): 116/166bpm
獲得標高: 3819ft
消費カロリー: 1422kcal

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

The Terrible Two (後編)

前編はココ

Terrible Twoのコース図:

プロファイル:

Ttelev2_4  

Start--Calistoga rest stop(55mile地点)

5:30am.221台の自転車が一斉にスタート.Santa Rosa市街を抜けるまでの約9mileは先頭にペース用のバイクが入ります.何と,バイクの運転手はLevi Leipheimerのトレーニング時のprivate pacerだそうです(Santa RosaはLeviの地元).おかげで大した混乱もなく,20個あるという信号をほぼノンストップで通過出来ました.こんな早朝ですが,ところどころ沿道から応援もありました.

市街を出ると,いよいよSonoma ValleyからNapa Valleyへ抜ける山道へ.メインの峠はTour of Californiaでも使われたTrinity Grade.それに前後に小さめのピークが2つあります.市街を抜けた時点では割と速めのグループに入ってましたが,登り始めてすぐに脱落.いつもは平地で離されても,登りなら追いつけるという感じですが,平地も登りも離されます.全方位的に負けてます.TTに出るような人達は,登りは当然のように速く,さらに平地も速い.

最後のピークを越えた時点でちょうど7:30am. 21mile先のrest stopまで1時間でたどり着ければ,自分の目標ペース(といってもゴール時で4分しか余裕がない)に30分貯金が出来ます.早いうちに何とか貯金を作りたいところ.

この峠の下りは,毎年,慌てたライダーがクラッシュする危険な区間.下り始めの路肩にも,"Technical Decend. Be Cautious!" と書かれた看板があったのですが,そのすぐ先で,一人がコーナーを曲がりきれず,林に突っこんでいるのを目撃.この方は無事そうでしたが,後で女性ライダーが腕を骨折したらしい.

峠を下りきると,Napa Valleyの東端を縦断するSilverdero Roadを北上.ブルベでも走った道ですが,向かい風の緩い登りの道.集団に加わるべきですが,さっき脱落したのが災いして一人です.しばらく一人で頑張っていると,幸い追いついてきた1名とペアが組めました.先頭交代しつつ20mphをちょっと上回るくらいのペースをキープ.

この先もずっとですが,常に次のrest stopの到着時刻を気にしながらの走行となりました.暇つぶしに到着予想時刻を計算しながら走るのもいいですが,脳に行く酸素も不足気味.GPSが表示する,次のrest stopのETA(到着予測時刻)が非常に便利でした.GreminのETAは過去の速度履歴も使って予測するのか,ETAの表示が安定しており,精度も高いです.

Calistogaのrest stopに飛び込んだのは8:26am.  急いでパワージェル2本,電解質錠剤を数タブレット,トマトジュースを流し込み,トイレをすませて即出発.時計を見れば8:31am. 目標から29分の貯金です.

Calistoga--Geysers rest stop(86mile地点)

コース上最高標高のGeysers峠へ.

ここの峠はダブルピーク.2300ftまで登って2000ftまで下り,再び2700ftまで登りです.勾配はきつく,コンスタントに8-12%. ときおり15%を越えます.心拍が上がらず, でも息は上がってます.脱水気味なのかも.  クランクがなかなか降りてこない感じ.まぁこの勾配じゃしょうがない気もするけど..

沢山の人に抜かれ,頂上付近に設置されていたrest stopに10:50amに到着.この区間は予定通りの時間がかかり,貯金はほぼ変わらず30分.ここのrest stopではスイカが旨かった.5-6切れむさぼって,パワージェルを流し込み,トイレを済ませて即出発.休息というより,ピットストップという感じ.これでも10分かかり,出発は11:00am.

Gaysers Rest Stop

Geysers--Warm Springs Dam lunch stop(111mile地点)

この区間は下りが多いので,目標ペースでは1時間と想定.ところが,下りの路面が最悪で思ったほどスピードが出せません.アスファルトはパッチだらけ,ダートはあるは,キャトルガードは数えきれずあるは,もう自転車が空中分解しそう.実際,目の前でキャトルガードの餌食になってパンクしてる人も目撃.私も一度パンクしたかとヒヤっとしました.時間ギリギリで走ってるのでパンクは何としても避けなければ.

峠を下りきり,平地は踏み倒してrest stopへ飛び込みます.結局,下りが遅れたのと,読みが甘かったのもあって,目標を大幅にオーバー.1時間のはずが,1時間20分かかりました.時刻は12:20pm.目標ペースからの貯金は10分に減少.うーん.ピンチ.

Warm Springs Dam Lunch stop

自転車を停め,ゼッケン番号を告げると,ボランティアの方が「自転車をラックにかけてボトルを詰めとくから,早く昼ご飯を取りなさい!」と.まぁ至れり尽くせり.1分を惜しんで走っているのでありがたいです.

ドロップバックで送っておいたオニギリを2個を受け取り,足の疲労回復のため,芝生に仰向けになり,足を心臓より持ち上げた体勢で食べました.右足太ももの膝上あたりが若干痙攣気味.パワージェルx2,電解質錠剤と水を大量に取り,フルーツをガツガツと食べて再出発.12:35pm. 貯金は変わらず10分.

Warm Springs Dam -- Camp Gualala rest stop(138mile地点)

コース説明には "After lunch is when the Terrible Two gets truly terrible" ,とまぁ救いのない事が書いてあります.午前が110mileで7500ftの登り.午後は90mileで9000ftの登り,しかも,最初の30mileで5000ft登るらしい.覚悟を決めて行きます.

次のrest stopまでは,またダブルピークのSkaggs Springs Rdの峠.2200ftくらいまで登って1000ftまで下り,また2000ftまで登って下り.

走り始めてすぐに,ブルベでよく一緒に走るDavidが前にいたので追いつきました.彼はTT完走経験があります.Davidと一緒,ということは,これでも完走ペースなのかなぁ.「初のTTなんだ」というと「これは本当にタフだよ」と.うーむ.Davidをしてそう言わしめるか.そしてこの坂はさっきのGeysersよりタチが悪いらしい.

その意味はすぐに分かりました..

ピーク2つの峠のはずが,1000ftあたりで200ft前後登ると同じだけ下る,の繰り返し.全然高度が上がりません.そのくせ勾配は設計基準を無視したような急勾配.激坂をクランク1回転ずつ,コツコツと気の遠くなるような努力で稼いだ高度なのに,あっさりと何度も下らされるのはやる気を削ぐこと甚だしい.この道路を設計した,間違いなく超ドSなエンジニアを呪います.

一つ目のピークを突破.二つ目のピークとの間の下り区間にさえ登りが挟んであって,もう意味が分かりません.キレそうです.どんな設計しとんねん.コース説明にあった:

"... an endless series of steep, sun-baked climbs and false summits."

という記述は,実は非常に控えめな表現でした.

やっとこさで2つ目のピーク越え.下りも踏み倒して2:50にCamp Gualalaのrest stop到着.苦しんだ区間ですが,貯金は大幅に増えて40分に.

Camp Gualala -- Fort Ross rest stop(162mile地点)

この区間は最初に1000ftほどのちょっとしたピークがあるだけ,とナメてました.

が,この坂は通称"The Wall"というらしい.さっきDavidが「押して越えた」とか言ってたっけ..

登り始めると笑える激坂の連続.しかも長い.Polarがウソかホントか,最大勾配26%というのを記録してます.さすがにそれは無いと思うが..  家の近所の坂でたとえるなら,Redwood Gulchの2段重ねという感じ.日陰が多いのと,途中下りが挟まらないのがせめてもの救い.さっきのfalse summitだらけのSkaggs Springsがトラウマになってます.ここの登りで,ブルベでよく一緒になるKen(非常に強いライダー)が抜いていきました.という事は,ここまではいいペースなのかも.

峠を越えたところで,道端から"You survived!" の声.まさにそんな感じ.

下ったら濃い青色の太平洋が見えてきました.思わず歓声.

ここからrest pointまでは15mileの海岸沿いのHwy1.コース説明には「この区間は簡単と思われているが,実は海岸沿いのアップダウンで合計1000ft登る」と書いてあります.でも追い風があるはず...

Hwy1へ左折.南下を開始すると... 期待以上の強烈な追い風! これならイケル.

Hwy1 south (Pacific coast line)

追い風に助けられ,アップダウンも勢いで乗り越えてFort Ross到着.4:42pm.貯金も少し増えて48分.

ヘロヘロとFort Rossのrest stopにたどり着く私↓

Arriving at Fort Ross rest stop (approx 184mile)

(photo by volunteerの方)

Rest stopでは,San Francisco Randonneursの代表のRobがボランティアをしていました.「初のTTなのです」とちょっとご挨拶.「SFRから17人ほど走ってるけどトップグループだよ」と教えてくれました.ちょっと余裕も出てきて,こんな写真を撮ってもらったりして,15分くらい休息.

With Harrison Ford

Robに再出発を告げると,峠の先の下り路面がヒドイので注意するよう教えてくれました.いよいよ出ようとしたところで,

Rob:「次のrest stopまで21マイル!」.

えっ?

私: 「31マイルだよね?」

Rob:「いや21マイル.ゴールまで38マイル」

なーんと.私が信じられない勘違いをしていたようです.突然10マイル分浮きました.単純計算で40分ほどのボーナスタイム!

完走が現実のものになってました.

Fort Ross -- Monte Rio rest stop(184mile地点)

rest stopを出てすぐ,ダブルピーク(またか!)の峠があります.コース説明では...

"... The climb on Ft. Ross Road is 2.6 miles, averages 11%, and feels even steeper. Some riders find it to be the hardest climb of the whole ride."

たしかに疲れた足に,平均11%,2.6mileはキツイですが,時間的余裕があるのと(
感情も麻痺してるのと),超ドSのSkaggs Springs,  Redwood Gulch2段重ねを越えてきた身には,それほどの坂にも感じられず,2つとも淡々とパス.

路面が荒れているという下りも慎重に下り,18:38pmにMonte Rio rest stop到着.貯金は1時間50分.最後は軽めに補給.

ここでCalistogaの温泉に行っているはずの妻に電話し,8時にはゴールすると思う,と連絡.スタート前は「10時ギリギリにゴールか,SAGカーでゴールに運ばれるかのどっちか」と言っていたのでびっくりしてます.私もびっくりしてます.

Monte Rio -- Goal (Analy High School)

あと17mile.  600ftほど登る小さな峠があるだけ.

最後の峠は勾配も緩やかで難なくパス.平地に入ったらもうあと数マイル.交通量も増えたので,あとは事故に気をつけて走りきるだけ.

日没までまだ1時間以上.まだ明るいうちに戻って来られました.ふとハンドルバーに付けていたライトに目がいき「こんな重いの付けて走らなくても良かったな」と思ったところで,さっきのMonte Rioのrest stopで,drop bagで送ったヘッドライトを受け取って無い事に気付きます.明るかったのですっかり忘れてました.. 

これから取りに戻る,というのは無理なのでそのまま行きます.後で郵送してくれる,と書いてあったはず.

今朝通った交差点を曲がり,Analy High SchoolへつながるHighschool Rdへ.はやる気持ちを抑えて走ります.

高校入り口で「こっち,こっち!」という感じで迎えられ,"rider's coming!" の放送が入って,歓声に迎えられつつ,ガッツポーズでゴール.

スタートから14時間19分.何だか信じられませんが,完走していました.

ゴール時刻は19:49pm.  あんなに時間に追われて走ったのがウソみたい.10時のカットオフには十分間に合っていました.

妻と合流.完走の証."I DID IT!" Tシャツを受け取ります.

"I did it!" Tee

裏にはプロファイルと 200MILES, 16,000' と入ってます.

"I did it!" Tee

これがさっき越えたゴールゲート.ゲートの先にストップウォッチがあり,ゲート左が運営本部になってます.

Finish line

ビュッフェでBBQのチキン,ラザニアなど取って軽く夕食.調子に乗ってTerrible Twoジャージも買いました.よく見ると,公式マスコットの「死神」が砂時計を持ってます(笑).  迫り来るカットオフ時間の恐怖が表れてます.背中にはやっぱりプロファイルが描かれてました.

Terrible Two Jersey

途中すれ違ったDavid, Kenをゴールでも見つけて感想など.今日みたいな涼しい日でコレですから,これを100°Fで走るのは尋常じゃないと思います.

1時間ほどのんびりし,冷えてきたので,まだ続々とライダーが入ってくるAnaly High Schoolを後にしました.

-*-*-

数日後,公式リザルトが出ました.涼しいかった気候のため,完走率は過去最高ではないものの,ほぼ80%と非常に高くなりました.221台出走(タンデムもいるので221人ではない)で完走177台.私は76位でした.完走出来れば上出来,という感じだったので,この順位は驚きです.

完走に効いたのは,もちろん涼しい気候,それから,rest stop毎に設定しておいた目標時間とrest stopまでのGPSのETAだったと思います.これらが無かったら,この長大なコースで,ペースをつかむのは大変だと思います.GPSに頼るというのはどうかとは思いますが...

TTはオーガナイズもサポートも素晴らしく良かったです.200mileにわたる長大なループ上のコース,しかも,アクセスの悪い山道ばかりのコースをサポートするのはただでさえ大変な事.6つのrest stopに加え,キツイ峠にはかならずwater stopがありました.rest stopの補給食も選択肢が豊富で,パワージェル,パワーバー,スポーツ系の飲料はもちろん,様々なフルーツ,スナックなどが満載.食べ飽きることもなかったです.また,坂ばかりなので,少しでも荷物を軽く,と配慮された drop bagにも感謝です.

帰宅前,ゴールの運営本部を覗くと,全てのライダーについて,全てのチェックポイントの通過時刻が記録され,無線で本部に集計されて,リアルタイムに全体の進行状況が把握されていました.商業ベースではなく,ボランティアだけで,裏でこんな緻密な運営がなされていたとは,ちょっと感動的でさえありました.今年のLanterne rouge(最後尾ライダー)になった方のride reportを読みましたが,最後のカットオフ寸前の状況では,コース上に残った各ライダーにエスコートのSAGカーが1台づつついて,走行を見守って確実にゴールまで届けるそうです(SAGへの回収を含め).自分がカットオフになった場合,「Number bibは返却するから,SAG回収せず最後まで走らせて欲しい」とお願いしようと思ってましたが,それは思い上がったワガママだと知りました.

30年前,TTを完走した後,息子の出産に立ち会うために慌てて帰宅した,という方の,その時生まれた息子さんが今年走っていたそうです.長く深く根付いた自転車コミュニティのすばらしさも知りました.

走行距離: 197.3mile
平均速度: 14.7mph
心拍(avg/max): 146/177bpm
獲得標高: 16339ft
消費カロリー: 6778kcal

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

The Terrible Two (前編)

自転車乗りがTTといえば,普通はTime Trialの事.でもダブルセンチュリーのTTといえば,それは "Terrible Two".距離200mile(320km),獲得標高16000ft(4876m),気温も例年100°F(37.7℃)近くになるという,文字通りterribleなダブルセンチュリー.Terrible Twoのロゴは死神になってます(笑).

主催はSanta Rosa Cycling Club.今年で32年目という歴史があるダブル.毎年,一年で最も日が長い夏至の前後を選んで開催され,夜明け直後の朝5:30amに一斉スタートし,日没約1時間後の10:00pmにカットオフです (走れるのは16時間半).10:00pmまでの完走者には"I DID IT!"と書かれたTシャツが与えられます.これを過ぎても11:00pm(17時間半)まではofficial finisher扱いで,Triple Crownにもカウントされます.

歴代の完走者の名前と完走タイムがココに記録されてます.ここ最近のを見ると,完走率は通常60%台.気温が低かった2002年で過去最高の完走率80%.気温が高い年(2004年)は55%しかありません.今年は気温が低く,高完走率が予想されますが,それでもカットオフ時間との戦い.TTと略して呼ぶのはTime Trialとかけた洒落な気もして来ました.

11:00pmまでにゴール出来ない場合,SAGカーによる回収が待ってます. 時間さえあればゴールまで走りきれるのに,SAGられてゴールまで運ばれるのは想像するだに辛いです.せめて走りきる事さえ許してもらえれば少しは気が晴れるのに...と思いますが運営上仕方ないのでしょう.

ひるがえって,今の自分の完走の可能性を考えるとあまりに心許ない.先日の140mile, 16000ftの坂練習にかかった時間が13時間半近く.TTはこれより60mile長いですが,距離が伸びた分,坂が緩くなる訳ではなく(実際,TTの方が登り区間の勾配は遙かにキツいと思う),単に平地区間で距離が増えてるだけです.という事は,あのスピードでは完走はおろか11時のSAG回収をギリギリ逃れられるかどうかというレベル.何でこんなのにエントリーしたんだろう...

坂練習での平均速度をベースに「少し無理したとして」という仮定で,各rest stop間の目標時間を算出.各rest stop(6箇所)に10分間滞在するとして(これでも結構短い),全部を足し合わせると,ゴール時間は9:56pm.ひえー.cut-offまで4分しか余裕が無い! でも他に策がある訳でもなく,とりあえずこのペースで行くことにし,各rest stopの目標到着時刻,各峠のスタートからのマイレージ,獲得標高を表にしてハンドルバーに付けておきます.

1週間前から大量に水分を取ることと,睡眠時間を確保することを心がけます.前日夕方にSanta Rosaに移動して宿泊.妻もCalistogaあたりの観光を兼ねて付いて来てくれました.

当日.3:30am起床.5:00前にスタート地点であるSebaspolのAnaly High Schoolへ移動.高校の食堂らしきところにNumber bibとキューシートが並べてあり,これを受け取る事でcheck-inとなります.写真のオレンジ色のスティックには電解質の錠剤が詰め込まれてました.

Analy High School

キューシートで各rest stopの締め切り時間を確認.最初のCalistogaのrest stopへの到着目標を9:00amに設定していましたが,何と!キューシートではopen-close時刻は7:00-9:30am.9:00amの到着ではほとんどカットオフです.「少し無理したとして」くらいじゃダメで,ギリギリ限界まで頑張らないとダメという事.ちょっとクラクラしてきます.無謀な挑戦だったか..

Drop bag置き場.オニギリをlunch stopへ,ヘッドライトを最後のrest stopへ送る事にします.

Drop bags

周囲を見回すと,引き締まった体格のいかにも速そうな人ばかり.場違い感も感じつつ,スタートラインに並びます.総勢221台.この中で何台がゴールに到達出来るのでしょう.. 伝統になっているという,Billさんのスピーチがあり,いよいよスタートです.

pre-ride briefing

後編に続く

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2009年6月14日 (日)

Mt. Diablo

新しいホイール(Easton EA90 Aero)を履いて嫁を連れてMt. Diabloへ.急なお誘いにもかかわらず,Junさんもお付き合い下さいました.

Newwheels
Photo by Yokoさん

今日は自走せず,ふもとの街(San Ramon)まで車でトランポ.意外と遠い.この距離を自走してたとは我ながら呆れます...

9時頃,まだ開店前のショッピングセンターに車を停めて出発準備.もう6月だというのに曇り空でちょっと肌寒く,アームウォーマ,ウィンドブレーカーを羽織って出発.

今日のコース:


大きな地図で見る

Mt. Diablo Scenic Blvd. というのに曲がって登坂開始.ここから頂上まで,標高差3249ft(990m),距離10.8mile(17.4km),平均勾配5.7%の登り.

最初の1-2マイルは右から回り込むように山を登っていきます.右手に広々と視界が開ける道.結構勾配がきついです.嫁はMt. Diabloは初めてですが,割と調子よく登ってます.この時間(10時頃),  沢山のロードバイクが下ってきます.日曜日朝のトレーニングライドの帰りでしょうか.

South Gate Rd

State Parkのゲート手前で大きく左へカーブ.尾根に乗ったのか少し勾配が緩やかになり,登り始めから初めて頂上が見えました.頂上は晴れているようでよかった.

Summit view from South Gate

Summit Rdという頂上へ向かう道へ分岐.ここからは頂上を見つつ,九十九折りで高度をグイグイ上げていく本格的な登り.ちょっと本気出して登りました.新しいホイールは今まで履いていたキシリウムESより少し重く,登り向きじゃないはずですが,不思議とスイスイ進みます.前輪に体重をかけた感じからは,剛性もキシリESの方が高い気がしたのですが.  ここまでゆっくり登ったので単に足が残ってただけかもしれませんが.

山頂手前の500ftほどは17-18%の激坂.一気に登り切ってゴール.自走無しのさら足だったのもあって,ちょっと呆気なかったか.

South view

嫁とJunさんもほどなくゴール.

The Wall

嫁の曰く「最後の激坂以外は大した事ないネ」. いつの間にか強くなったのな..  おまい.

Mt. Diabloは360度,どの向きにも高い山が無いため,視界の広さで有名.WikipediaのMt. Diablo項目によれば78mile (125km)先まで見晴らせるとか.今日は霞んでそこまでは見えてないと思いますが,視界の広さは本当に圧倒的.東側にはSan Franciscoの街,Mt. Tamなども見えます.

North peak (3557ft) view

ひとしきり記念撮影もしたら,もう12時.もともとはNorth Gate側に降りる予定でしたが,そこからSouth Gateまで戻る道が長いので,あっさりとSouth Gateへ下ります.

下り始めると,下からどんどんサイクリストが登ってきます.今日は車の数より自転車の数の方が多かった,といっても言い過ぎでない感じ.

下りはエアロホイールはさすがに速く,なかなか楽しかったです.それとEastonのラチェット音は静かでいいです.

1時過ぎにショッピングセンターに帰着.お昼はその中にあったピザ屋へ.Yelpで調べて評判のいいお店でしたがガラガラ.というか,このショッピングセンター(高級店が多数の)自体がこの不景気でマズイ状況なのかも.ガラ空きのせいか,ピザは注文してから生地を伸ばして作ってましたが,出来たて焼きたてで非常に旨かったです.16インチを3人でぺろっと平らげました.ハイ,消費した以上に食べました.

Lunch at Pizzeria in Blackhawk shopping center

走行距離: 29.6mile (47.6km)

平均速度: 10.7mph(17.2km/h)

心拍(avg/max): 126/214(?)bpm

消費カロリー: 1132kcal

獲得標高: 3619ft (1103m)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

Climb every mountain 2

前回に引き続き,近場の坂巡り.前回はSanta Cruz山塊のシリコンバレー側斜面の坂を巡って獲得標高11660ft (3554m)でした.Death Rideの15000ft/day, そして,何を血迷ったかエントリーしてしまったTerrible Two(ダブルセンチュリー)の16000ft/dayには全然足りてません.

ちなみにTerrible TwoのFAQに,"Am I ready for this ride?" という今の私の気持ちそのままの質問がありました.回答は,"このライドを試みる前に,Death Ride(all passes) or Keiser Climb or Davis Double(13hr以内で)を完走せよ" です.ははは,どれも走ったことないし.

一日に同じ坂を2度登るのは退屈そうなので,前回のコースに加えて,太平洋側の斜面のTuntas Creek RdとWest Alpineを加えて15000ft/dayをクリアする事にしました.

コース:
Kings Mtn (up)→ CA84 east(down) → OLH(up) → CA84 west (down) → Tuntas Creek Rd (up) → CA84 west (down) → West Alpine(up) → Page Mill (down) → Page Mill(up) → Page Mill(down)→ El Monte(down) → Foothill→ Montebello (up/down) → Redwood Gulch (up) → CA9 (up) → Saratoga Gap→Skyline→CA84 east(down)

Profile:

Profile_2

MAP:

朝は出遅れて7amに出発. まずはKings Mtn, OLHをクリア.あまり調子が乗ってませんが,時間もないのでどんどん行きます.

West OLH→CA84号(west)と下ってSan Gregorio.Stage Roadの坂を北上してHwy1へ.Hwy1との交差点手前には「この先写真を撮るのでsmile!」という看板が.ちょっと進むと路面にひょろっとコードが伸びてます.はて? 前輪がそのコードを踏んだ瞬間,フラッシュが焚かれました.なるほど〜.自動で写真を撮る装置です.今日はSeqoia Centuryライドなのでここで張ってるんでしょう.

Hwy1を北上.

Hwy1 to Tuntas Creek Rd

3つ目のTunitas Creekの登りもクリア.そろそろお昼なので,CA84を下ってLa HondaのSullivan'sで昼ご飯.隣の広場ではSequoia Centuryのライダーが大量に休息してました.

Lunch at Sullivan's (La Honda)

30分ほどゆっくりと昼を食べて12:20頃に再出発.West Alpine登りは正面から大量にセンチュリーのライダーが下ってきます.皆さん結構飛ばしてます.Hi! と声をかけてくる人が大半ですが,中には熱唱してるや大あくびしてる人も(笑).

West Alpineを登ったら,Page MillをArastoraderoとの交差点まで下って登り返し.下ったところを登り返すのは気分的にキツイ.

登りの途中,Foothill Parkでボトルの水を再補給.そろそろ足がだるく,Page Millの急坂区間は5mile/hほどしか出ません.

なんとかかんとか1時間もかかって登り切り,頂上到着は15:00.  そろそろ時間も押してきました.ここまでで獲得標高は10997ft.

GPS reading at Page Mill top

再びPage Millを下ります.下り始めてすぐの所にある最近みつけた水補給地点で再度ボトルを満タンにしておきます.

途中Mt. Edenに折れてFoothillを走ってMontebelloへ.激坂を最後に残したのは失敗か..

こんな足でほんとに登れるのか心配ですが,時間もないのでアタック開始.

小学校までの激坂区間は記憶ありません..

Ridgeワイナリーの前についたのが17:00. 営業時間がちょうど終わる時刻ですが,まだゲートが開いてるので,ちょっとお邪魔して水補給&トイレ休息.

さらに登って頂上到着.積算の獲得標高13575ft. ほぼ計算通り.

GPS readming at Montebello Top

Mt. Hamilton方向.少しだけ緑が戻ってるでしょうか.

Silicon Vallehy View from Montebello

一気に下って最後のCA9へ向かいます.

前回もどちらに行くか迷ったRedwood Gulchとの分岐.

Bear right to Redwood Gulch

左に行ってMt. Eden→Pierce Rd→CA9と登るか,右に行ってRedwood Gulch→CA9と登るか.前者の方が勾配はゆるやかですが獲得標高が大きく,後者は激坂Redwood Gulchがあるものの,距離も短く,獲得標高も少ないです.少し考え,時間がないのと,Redwood Gulch経由でも15Kft獲得は固いので,距離が短いRedwood Gulchへ.

14000ft近く登った後のRedwood Gulchはまさに拷問.. 手元のPolarでは22%というのを見ました.攣りそうになる足をだましてだまして,蛇行しながらクリア.気分も悪くなってきて,そろそろギブアップするか?と自問自答.でもDNFして帰るとしても,このままSaratoga Gapまで登り切って下るのが最善.もう行くしかないのです.

CA9に入ったところで獲得標高14500ft. Saratoga Gapまであと1000ftほど登ればゴールです.

このあたりからホントに気持ち悪くなって,途中で一回休息.こんなことはかつて無かった. 気付けばグーグーお腹が鳴るほどの空腹.マズイ.でも何も食べる気しない.Sport beansを一袋流し込んで再出発.

もうボロボロになってSaratoga Gap到着.18:50.今日はあまりに過酷すぎた..

Mission completed..

GPSを見たら電源が落ちてて,正確な獲得標高は分からず. CA9に入ったところで14500ftだったので,15500ftくらいでしょう.

家に電話を入れて帰路につきます.

帰路はほぼ下り基調とはいえ,Skylineはけっこうアップダウンがあって地獄でした.

日没とほぼ同時の20:20に帰宅.自転車を降りても足はガクガク.熱いシャワーを浴びたら,なぜか恐ろしく寒くなって震えが止まらず.低血糖症になってたのかも.とにかく疲れました..  もうしばらく坂はいいです.

結局,家までの総獲得標高はPolarで16220ft(4943m). GPSでは15552ftですが電源落ち前後の標高差が1126ftあったので,計16678ft(5083m). 距離は142mile (228km)でした.

Terrible Twoはこれと同等の獲得標高で距離があと90km伸びます..  しかもこの日は一日中涼しかったですが,Terrible Twoは例年かなり暑くなるらしい.とてもじゃないけど完走出来ない気がしてきた.Death RideはちょうどSaratoga Gapまでの区間と距離も獲得標高も同じ.でも高度が高くて8000ft台の峠が連なります.これもかなり難しそう..  うーむ.Death RideもTerrible Twoもともに名に恥じない恐ろしさだという事がよーく分かりました.

走行距離: 142mile (228km)

平均速度: 12.2mph(19.6km/h)

心拍(avg/max): 144/176bpm

消費カロリー: 5809kcal

獲得標高: 16220ft (4943m) (Polar)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »