« The Terrible Two (前編) | トップページ | Mt. Tam »

2009年6月24日 (水)

The Terrible Two (後編)

前編はココ

Terrible Twoのコース図:

プロファイル:

Ttelev2_4  

Start--Calistoga rest stop(55mile地点)

5:30am.221台の自転車が一斉にスタート.Santa Rosa市街を抜けるまでの約9mileは先頭にペース用のバイクが入ります.何と,バイクの運転手はLevi Leipheimerのトレーニング時のprivate pacerだそうです(Santa RosaはLeviの地元).おかげで大した混乱もなく,20個あるという信号をほぼノンストップで通過出来ました.こんな早朝ですが,ところどころ沿道から応援もありました.

市街を出ると,いよいよSonoma ValleyからNapa Valleyへ抜ける山道へ.メインの峠はTour of Californiaでも使われたTrinity Grade.それに前後に小さめのピークが2つあります.市街を抜けた時点では割と速めのグループに入ってましたが,登り始めてすぐに脱落.いつもは平地で離されても,登りなら追いつけるという感じですが,平地も登りも離されます.全方位的に負けてます.TTに出るような人達は,登りは当然のように速く,さらに平地も速い.

最後のピークを越えた時点でちょうど7:30am. 21mile先のrest stopまで1時間でたどり着ければ,自分の目標ペース(といってもゴール時で4分しか余裕がない)に30分貯金が出来ます.早いうちに何とか貯金を作りたいところ.

この峠の下りは,毎年,慌てたライダーがクラッシュする危険な区間.下り始めの路肩にも,"Technical Decend. Be Cautious!" と書かれた看板があったのですが,そのすぐ先で,一人がコーナーを曲がりきれず,林に突っこんでいるのを目撃.この方は無事そうでしたが,後で女性ライダーが腕を骨折したらしい.

峠を下りきると,Napa Valleyの東端を縦断するSilverdero Roadを北上.ブルベでも走った道ですが,向かい風の緩い登りの道.集団に加わるべきですが,さっき脱落したのが災いして一人です.しばらく一人で頑張っていると,幸い追いついてきた1名とペアが組めました.先頭交代しつつ20mphをちょっと上回るくらいのペースをキープ.

この先もずっとですが,常に次のrest stopの到着時刻を気にしながらの走行となりました.暇つぶしに到着予想時刻を計算しながら走るのもいいですが,脳に行く酸素も不足気味.GPSが表示する,次のrest stopのETA(到着予測時刻)が非常に便利でした.GreminのETAは過去の速度履歴も使って予測するのか,ETAの表示が安定しており,精度も高いです.

Calistogaのrest stopに飛び込んだのは8:26am.  急いでパワージェル2本,電解質錠剤を数タブレット,トマトジュースを流し込み,トイレをすませて即出発.時計を見れば8:31am. 目標から29分の貯金です.

Calistoga--Geysers rest stop(86mile地点)

コース上最高標高のGeysers峠へ.

ここの峠はダブルピーク.2300ftまで登って2000ftまで下り,再び2700ftまで登りです.勾配はきつく,コンスタントに8-12%. ときおり15%を越えます.心拍が上がらず, でも息は上がってます.脱水気味なのかも.  クランクがなかなか降りてこない感じ.まぁこの勾配じゃしょうがない気もするけど..

沢山の人に抜かれ,頂上付近に設置されていたrest stopに10:50amに到着.この区間は予定通りの時間がかかり,貯金はほぼ変わらず30分.ここのrest stopではスイカが旨かった.5-6切れむさぼって,パワージェルを流し込み,トイレを済ませて即出発.休息というより,ピットストップという感じ.これでも10分かかり,出発は11:00am.

Gaysers Rest Stop

Geysers--Warm Springs Dam lunch stop(111mile地点)

この区間は下りが多いので,目標ペースでは1時間と想定.ところが,下りの路面が最悪で思ったほどスピードが出せません.アスファルトはパッチだらけ,ダートはあるは,キャトルガードは数えきれずあるは,もう自転車が空中分解しそう.実際,目の前でキャトルガードの餌食になってパンクしてる人も目撃.私も一度パンクしたかとヒヤっとしました.時間ギリギリで走ってるのでパンクは何としても避けなければ.

峠を下りきり,平地は踏み倒してrest stopへ飛び込みます.結局,下りが遅れたのと,読みが甘かったのもあって,目標を大幅にオーバー.1時間のはずが,1時間20分かかりました.時刻は12:20pm.目標ペースからの貯金は10分に減少.うーん.ピンチ.

Warm Springs Dam Lunch stop

自転車を停め,ゼッケン番号を告げると,ボランティアの方が「自転車をラックにかけてボトルを詰めとくから,早く昼ご飯を取りなさい!」と.まぁ至れり尽くせり.1分を惜しんで走っているのでありがたいです.

ドロップバックで送っておいたオニギリを2個を受け取り,足の疲労回復のため,芝生に仰向けになり,足を心臓より持ち上げた体勢で食べました.右足太ももの膝上あたりが若干痙攣気味.パワージェルx2,電解質錠剤と水を大量に取り,フルーツをガツガツと食べて再出発.12:35pm. 貯金は変わらず10分.

Warm Springs Dam -- Camp Gualala rest stop(138mile地点)

コース説明には "After lunch is when the Terrible Two gets truly terrible" ,とまぁ救いのない事が書いてあります.午前が110mileで7500ftの登り.午後は90mileで9000ftの登り,しかも,最初の30mileで5000ft登るらしい.覚悟を決めて行きます.

次のrest stopまでは,またダブルピークのSkaggs Springs Rdの峠.2200ftくらいまで登って1000ftまで下り,また2000ftまで登って下り.

走り始めてすぐに,ブルベでよく一緒に走るDavidが前にいたので追いつきました.彼はTT完走経験があります.Davidと一緒,ということは,これでも完走ペースなのかなぁ.「初のTTなんだ」というと「これは本当にタフだよ」と.うーむ.Davidをしてそう言わしめるか.そしてこの坂はさっきのGeysersよりタチが悪いらしい.

その意味はすぐに分かりました..

ピーク2つの峠のはずが,1000ftあたりで200ft前後登ると同じだけ下る,の繰り返し.全然高度が上がりません.そのくせ勾配は設計基準を無視したような急勾配.激坂をクランク1回転ずつ,コツコツと気の遠くなるような努力で稼いだ高度なのに,あっさりと何度も下らされるのはやる気を削ぐこと甚だしい.この道路を設計した,間違いなく超ドSなエンジニアを呪います.

一つ目のピークを突破.二つ目のピークとの間の下り区間にさえ登りが挟んであって,もう意味が分かりません.キレそうです.どんな設計しとんねん.コース説明にあった:

"... an endless series of steep, sun-baked climbs and false summits."

という記述は,実は非常に控えめな表現でした.

やっとこさで2つ目のピーク越え.下りも踏み倒して2:50にCamp Gualalaのrest stop到着.苦しんだ区間ですが,貯金は大幅に増えて40分に.

Camp Gualala -- Fort Ross rest stop(162mile地点)

この区間は最初に1000ftほどのちょっとしたピークがあるだけ,とナメてました.

が,この坂は通称"The Wall"というらしい.さっきDavidが「押して越えた」とか言ってたっけ..

登り始めると笑える激坂の連続.しかも長い.Polarがウソかホントか,最大勾配26%というのを記録してます.さすがにそれは無いと思うが..  家の近所の坂でたとえるなら,Redwood Gulchの2段重ねという感じ.日陰が多いのと,途中下りが挟まらないのがせめてもの救い.さっきのfalse summitだらけのSkaggs Springsがトラウマになってます.ここの登りで,ブルベでよく一緒になるKen(非常に強いライダー)が抜いていきました.という事は,ここまではいいペースなのかも.

峠を越えたところで,道端から"You survived!" の声.まさにそんな感じ.

下ったら濃い青色の太平洋が見えてきました.思わず歓声.

ここからrest pointまでは15mileの海岸沿いのHwy1.コース説明には「この区間は簡単と思われているが,実は海岸沿いのアップダウンで合計1000ft登る」と書いてあります.でも追い風があるはず...

Hwy1へ左折.南下を開始すると... 期待以上の強烈な追い風! これならイケル.

Hwy1 south (Pacific coast line)

追い風に助けられ,アップダウンも勢いで乗り越えてFort Ross到着.4:42pm.貯金も少し増えて48分.

ヘロヘロとFort Rossのrest stopにたどり着く私↓

Arriving at Fort Ross rest stop (approx 184mile)

(photo by volunteerの方)

Rest stopでは,San Francisco Randonneursの代表のRobがボランティアをしていました.「初のTTなのです」とちょっとご挨拶.「SFRから17人ほど走ってるけどトップグループだよ」と教えてくれました.ちょっと余裕も出てきて,こんな写真を撮ってもらったりして,15分くらい休息.

With Harrison Ford

Robに再出発を告げると,峠の先の下り路面がヒドイので注意するよう教えてくれました.いよいよ出ようとしたところで,

Rob:「次のrest stopまで21マイル!」.

えっ?

私: 「31マイルだよね?」

Rob:「いや21マイル.ゴールまで38マイル」

なーんと.私が信じられない勘違いをしていたようです.突然10マイル分浮きました.単純計算で40分ほどのボーナスタイム!

完走が現実のものになってました.

Fort Ross -- Monte Rio rest stop(184mile地点)

rest stopを出てすぐ,ダブルピーク(またか!)の峠があります.コース説明では...

"... The climb on Ft. Ross Road is 2.6 miles, averages 11%, and feels even steeper. Some riders find it to be the hardest climb of the whole ride."

たしかに疲れた足に,平均11%,2.6mileはキツイですが,時間的余裕があるのと(
感情も麻痺してるのと),超ドSのSkaggs Springs,  Redwood Gulch2段重ねを越えてきた身には,それほどの坂にも感じられず,2つとも淡々とパス.

路面が荒れているという下りも慎重に下り,18:38pmにMonte Rio rest stop到着.貯金は1時間50分.最後は軽めに補給.

ここでCalistogaの温泉に行っているはずの妻に電話し,8時にはゴールすると思う,と連絡.スタート前は「10時ギリギリにゴールか,SAGカーでゴールに運ばれるかのどっちか」と言っていたのでびっくりしてます.私もびっくりしてます.

Monte Rio -- Goal (Analy High School)

あと17mile.  600ftほど登る小さな峠があるだけ.

最後の峠は勾配も緩やかで難なくパス.平地に入ったらもうあと数マイル.交通量も増えたので,あとは事故に気をつけて走りきるだけ.

日没までまだ1時間以上.まだ明るいうちに戻って来られました.ふとハンドルバーに付けていたライトに目がいき「こんな重いの付けて走らなくても良かったな」と思ったところで,さっきのMonte Rioのrest stopで,drop bagで送ったヘッドライトを受け取って無い事に気付きます.明るかったのですっかり忘れてました.. 

これから取りに戻る,というのは無理なのでそのまま行きます.後で郵送してくれる,と書いてあったはず.

今朝通った交差点を曲がり,Analy High SchoolへつながるHighschool Rdへ.はやる気持ちを抑えて走ります.

高校入り口で「こっち,こっち!」という感じで迎えられ,"rider's coming!" の放送が入って,歓声に迎えられつつ,ガッツポーズでゴール.

スタートから14時間19分.何だか信じられませんが,完走していました.

ゴール時刻は19:49pm.  あんなに時間に追われて走ったのがウソみたい.10時のカットオフには十分間に合っていました.

妻と合流.完走の証."I DID IT!" Tシャツを受け取ります.

"I did it!" Tee

裏にはプロファイルと 200MILES, 16,000' と入ってます.

"I did it!" Tee

これがさっき越えたゴールゲート.ゲートの先にストップウォッチがあり,ゲート左が運営本部になってます.

Finish line

ビュッフェでBBQのチキン,ラザニアなど取って軽く夕食.調子に乗ってTerrible Twoジャージも買いました.よく見ると,公式マスコットの「死神」が砂時計を持ってます(笑).  迫り来るカットオフ時間の恐怖が表れてます.背中にはやっぱりプロファイルが描かれてました.

Terrible Two Jersey

途中すれ違ったDavid, Kenをゴールでも見つけて感想など.今日みたいな涼しい日でコレですから,これを100°Fで走るのは尋常じゃないと思います.

1時間ほどのんびりし,冷えてきたので,まだ続々とライダーが入ってくるAnaly High Schoolを後にしました.

-*-*-

数日後,公式リザルトが出ました.涼しいかった気候のため,完走率は過去最高ではないものの,ほぼ80%と非常に高くなりました.221台出走(タンデムもいるので221人ではない)で完走177台.私は76位でした.完走出来れば上出来,という感じだったので,この順位は驚きです.

完走に効いたのは,もちろん涼しい気候,それから,rest stop毎に設定しておいた目標時間とrest stopまでのGPSのETAだったと思います.これらが無かったら,この長大なコースで,ペースをつかむのは大変だと思います.GPSに頼るというのはどうかとは思いますが...

TTはオーガナイズもサポートも素晴らしく良かったです.200mileにわたる長大なループ上のコース,しかも,アクセスの悪い山道ばかりのコースをサポートするのはただでさえ大変な事.6つのrest stopに加え,キツイ峠にはかならずwater stopがありました.rest stopの補給食も選択肢が豊富で,パワージェル,パワーバー,スポーツ系の飲料はもちろん,様々なフルーツ,スナックなどが満載.食べ飽きることもなかったです.また,坂ばかりなので,少しでも荷物を軽く,と配慮された drop bagにも感謝です.

帰宅前,ゴールの運営本部を覗くと,全てのライダーについて,全てのチェックポイントの通過時刻が記録され,無線で本部に集計されて,リアルタイムに全体の進行状況が把握されていました.商業ベースではなく,ボランティアだけで,裏でこんな緻密な運営がなされていたとは,ちょっと感動的でさえありました.今年のLanterne rouge(最後尾ライダー)になった方のride reportを読みましたが,最後のカットオフ寸前の状況では,コース上に残った各ライダーにエスコートのSAGカーが1台づつついて,走行を見守って確実にゴールまで届けるそうです(SAGへの回収を含め).自分がカットオフになった場合,「Number bibは返却するから,SAG回収せず最後まで走らせて欲しい」とお願いしようと思ってましたが,それは思い上がったワガママだと知りました.

30年前,TTを完走した後,息子の出産に立ち会うために慌てて帰宅した,という方の,その時生まれた息子さんが今年走っていたそうです.長く深く根付いた自転車コミュニティのすばらしさも知りました.

走行距離: 197.3mile
平均速度: 14.7mph
心拍(avg/max): 146/177bpm
獲得標高: 16339ft
消費カロリー: 6778kcal

|

« The Terrible Two (前編) | トップページ | Mt. Tam »

コメント

TTを14.7mphって、え!?凄すぎですよ。
冗談抜きでRAAMとか狙えるんじゃないですか?

投稿: naotoj | 2009年6月24日 (水) 22時53分

お疲れ様でした!!
もう毎度のことですが、すごすぎです。
ホイールはMavicだったのですねー。坂が多いから?

最高心拍数を177でおさえているところもしっかり
ペース配分をしていたあらわれっぽいですね。

投稿: こうくん | 2009年6月24日 (水) 23時16分

絶句です。
完走おめでとうございます!

投稿: ksobue | 2009年6月25日 (木) 01時15分

naotojさん,
いやいや,RAAMなんて箸にも棒にもかかりませんよ〜.
14.7mphはPolarが出す値で,停止時間が除かれてます.全部入れれば,197.3/14.32=13.8mphです.

こうくんさん,
平地区間もあるので,ホイールは迷いましたが,坂最適化の為です.あと坂練習をMavicでやってたので.
>最高心拍数を177でおさえている
へたってる証拠です(笑).脱水症状か,筋肉が先にへばってたかどっちか.

ksobueさん,
Kings Mtn x 9の方が「絶句」です:-)
私もDeath Ride行く気になってます.景色も良さそう!とりあえずMinden, NVにモーテルを押さえました.

投稿: sagano | 2009年6月25日 (木) 09時16分

ダブルセンチュリージャージ、毒があってかっこいいです!
おつかれさまでしたー

投稿: watari | 2009年6月30日 (火) 08時59分

watariさん,
このジャージ,買ったのはいいですが,このデザインを着るのはかなりの勇気が必要です(笑).

投稿: sagano | 2009年6月30日 (火) 12時45分

こちらは8500ftsのGT-Doubleを頑張ったのに同じようなタイムです(w
16000なんて信じられない・・・!

投稿: さとう=☆= | 2009年6月30日 (火) 14時22分

さとうさん,
GTは体調よくなかったみたいですが,見事完走されたのですね.
GRRもうまくいくといいですね!


投稿: sagano | 2009年6月30日 (火) 20時24分

体調はだいたい問題なかったんですが、気合いと脚がありませんscissors

GRRは参加されないんですか・・・?

投稿: さとう=☆= | 2009年6月30日 (火) 20時34分

さとうさん,
残念ながら,GRRは日程的に厳しくて不参加です.その直後の週末のMarkleeville Death Rideを走る予定です.なんか坂に登ってばっかりですが..

投稿: sagano | 2009年6月30日 (火) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150938/30227246

この記事へのトラックバック一覧です: The Terrible Two (後編):

« The Terrible Two (前編) | トップページ | Mt. Tam »