« Sonora Pass 往復サイクリング | トップページ | Bass Lake Powerhouse Double Century »

2009年10月 4日 (日)

Alba Rd リベンジ

来週,Bass Lake Powerhouseのダブルセンチュリーなので,足慣らしに,前回,酷暑で断念したルートに再挑戦.

今週に入って急に寒くなり,この秋初の長袖,長手袋で出撃.7時前には出るはずが,布団の誘惑に負けて7:40を回って出発.全ルート走破は厳しいか..

Page Mill,Haskins で山越え.晴れてるけれど寒い.Pescadero の手前で,Cloverdale Rd -> Gazos Creek Rdと曲がってHwy1へ.

もうすぐハロウィンです.

Hwy1

Davenportでは休まず,そのままBonny Doon Rdへ.そろそろ足が張ってきた..

Ice Cream Gradeを登り切った時点で,12:00過ぎ.GPSのETAでは帰宅時刻が17:00. この後の方が登りが多いのと,ライトを忘れてきたので,ちょっと全行程回るのは無理か.

Hwy9へ下った所にあったメキシコ料理店で昼食.ブリトーが旨かったが,ちょっと大きすぎる.. 昼ご飯を食べている間も寒さでたまりません.

Taqueria Vallarta

前回登ったMt. Charlieは登るのをやめて,そのままHwy9を北上してAlbaからコースをresumeする事に.

Albaのふもとに到着.上で結婚式をやってるらしい.

Alba(bottom)

初回ほどの驚きはないものの,この坂,本当にキツイです.八王子の和田峠と平均勾配(10%),最大勾配(19%)は似てますが,標高差が1.7倍(618m)あります.奥多摩の風張林道には敵いませんが.

Jamison Creekを下ってHwy236で初のChina Gradeへ.Hwy236をshortcutする坂です.あまりの急坂に「中国まで行けそう」(?)という事から付いた名前だとか.

China Grade (bottom)

最初は非常にゆるやかで「実は大してきつく無いんじゃない?」と思ってると,坂の神様の逆鱗に触れたらしく,途中の橋を越えたところから激坂.すんません.
このページによれば,距離1.5mile, 標高差760ft, 平均勾配9.6%の激坂区間だったらしい.舗装がひどく,これを下るのはかなりの恐怖だと思う.

再びHwy236に合流.一度かなり下らされて,Saratoga Gapへ到達.16:20分.

Saratoga Gap

Mt. Charlieも登る時間はギリギリあったかな..と思うものの,既に足にも来てるし,また次回.もっと乗れてて日が長いシーズン前半に再挑戦します.

Skyline->Skylonda経由で17:30頃に帰宅.

距離115mile. 獲得標高はGPSで12700ftくらい.  6月以来, 4ヶ月ぶりの久々のまともなロングライドでした.来週のBass Lake Powerhouseのダブルは,標高差10000ftほど.最近乗れて無いとはいえ,今日の調子で走れば.. 大丈夫かなぁ.

走行距離: 115mile (185km)
平均速度: 12.7mph (20.4km)
心拍(avg/max): 151/227(?) bpm
消費カロリー: 4847kcal
獲得標高: 11880ft (3596m, GPSでは12700ft/3870m)

GPSログ:
http://www.mapmyride.com/ride/united-states/ca/-palo-alto/875125471772169639

Stanford

|

« Sonora Pass 往復サイクリング | トップページ | Bass Lake Powerhouse Double Century »

コメント

おおBass Lake、出られるんですね。saganoさんなら無問題まちがいなしです。

投稿: naotoj | 2009年10月 5日 (月) 16時48分

naotojさんのレポートも参考にしてます.昨年は相当寒かったようですね.
長〜いブランク明けなので,結構キツイいダブルになりそうです.

投稿: sagano | 2009年10月 5日 (月) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150938/31650941

この記事へのトラックバック一覧です: Alba Rd リベンジ:

« Sonora Pass 往復サイクリング | トップページ | Bass Lake Powerhouse Double Century »