« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月18日 (月)

Grand Canyon Winter Hiking: Day2

(準備編, Day1)

5:30の朝食(5:30と7:30から選べる)を予約しており,5:00にDormに声かかって起床.

5:30の朝食を予約していたのは,私と私の上のベッドで寝ていた韓国の方だけ.真っ暗闇の中で,他の方を起こさないようヘッドランプの明かりも絞って,ごそごそと出発準備.

食堂にいってみたら,30名ほど集まっていて,今日の予定を話したりしながら,パンケーキ,スクランブルエッグ,ベーコン,フルーツなどの朝食をとりました.

6:30am. まだ真っ暗闇の中,hit the trail!

今日は9.3mile(15km), 標高差4400ft(1341m)のひたすら登りです.

ブルベ用に買った,かなり明るいヘッドランプを点けているものの,闇夜を歩くのは結構恐怖.妻と二人だからいいものの,一人だったら発狂しそうな暗さ.特にコロラド川にかかる吊り橋は,ゴウゴウという川の音が不気味.

出発後1時間ほどで夜明けを迎え,最初のきついスイッチバックであるDevil's Corkscrewを登っているところで,South Rimから降りてきたMule隊に遭遇.バランスを崩しそうなくらい,荷物満載で,黙々と歩いてます.昨晩の美味しいシチューの材料も,今日の朝ごはんも,みんな彼らが運んでくれたんだと思うと本当に申し訳ない感じ.やっぱりこういう楽しみは完全自給でないと,という気持ちになります.もし次来られるならテント背負ってキャンプだな...

Fully loaded Pack Mules

Devil's Corkscrew全景.

"Devils Corkscrew" in Bright Angel Trail

ふたたび平坦な道になって,しばらく歩いてIndian Gardenに到着.9:15am頃.

Indian Garden

Phantom Ranchで持たせてもらったランチパック.これもあのMule隊が運んでくれたもの.. 感謝して頂ます.

Lunch Pack

昨晩私の上段のベッドで寝ていた韓国の方とそのガールフレンドとここで再会.彼女の方が今回のハイキングをほぼすべて準備したんだとか.うちとは逆ですな.今日夜の7時にPhenix発の飛行機に乗るらしく,急いで再出発して行きました.

我々も十分休んで出発.気温はだんだん下がってきた感じで,ここでちょうど0℃くらい.

目指すSouth Rimが正面に見えてきました.V字型のRimの先端がゴールです.

View of the South Rim

3Mile rest stop(リムから3mile)あたりの景色.登ってきたスイッチバックがよく見えます.

Trail View

Mile-and-a-half rest stop (リムから1.5マイル)の景色.前回,7月の真夏に来た時には暑さでヤラれて,もうヘトヘトでしたが,今回は涼しくて快適.足取りも軽い.

View from the mile-and-a-half point

Mile-and-a-half rest stopを超えると,だんだ雪深くなってきました.

Snowy trail

雪は適度に締まっていて,登山靴の靴底でも十分グリップする感じですが,一応クランポン装着.ただ,クランポンをつけた途端スピードダウン.クランポンの自体の重みのせいなのか,雪にツメを抜き差しする抵抗のせいなのか分かりませんが,足取りがグッと重くなった感じ.

Crampons

そして.. 最後の長い長いスイッチバックを超えて,1:30pm頃,ついにSouth Rimにゴール!もっと長くかかると思ってたのでちょっと呆気なかったか.

WE DID IT! (again!)

前回は登りに8時間もかかったのに,今回は6時間半ほど.自転車で鍛えた成果,ではなくて,単に涼しかったから,だと思いますが.

夜はちょっと奮発してEl Tovarホテルのダイニングルームで祝杯.築100余年の歴史ある建物.クリスマスの飾りが綺麗で,着飾った紳士淑女が行き交うダイニングルームでして,小汚い我々にはちょっと場違い感ありありでしたが,谷底まで降りたという事で,お許しを..

Chirstmas tree in the El Tovar Hotel

冬のグランドキャニオンはすいていて,景色も綺麗で,ハイキングも快適で,非常に良かったです(朝晩のマイナス15℃という寒さだけが難点です).また来たいなぁ(妻がそう思っているかどうかは分かりませんが).

歩行距離: 9.3mile(15km)
獲得標高: 4400ft (1341m)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Grand Canyon Winter Hiking: Day1

(準備編はココ)

朝5:30起床.支度して外へ出ると,-15℃だけあってキーーンと冷えてます.しっかり着込んでるのでそれほどには感ませんが.

South Kaibab Trailheadへは一般車両は進入禁止.シャトルバスを乗り継いで,7:30過ぎに到着.ちょうど夜明けです.

7:45amにハイク開始.Phantom Ranchまで,7mile(11.3km), 標高差4800ft(約1500m)の下りです.

WikipeidaのGrand Canyon Geologyの項目によれば,地層的には,Trailheadが2億7千万年前(古生代の終わり,つまり恐竜の前で,爬虫類,両生類が繁栄してた頃).下に降るにつれて,連続的に5億5千万年前くらいまで(カンブリア大爆発の頃まで)地層が連なってます.それより先は,地層が傾いているのと,侵食で削られたために年代が飛んで,コロラド川周辺は18-20億年くらい前の地層が出ているとか(地球の年齢は45憶年).15憶年分くらいのタイムトリップです.

Trailheadからいきなり"Chimmey"と呼ばれる1/4円錐を逆さまにしたような斜面につけられた,急勾配のスイッチバック.踏み固められた雪は凍っていて,クランポンのツメが気持ちよく効いてザク,ザクと下っていきます.

Hiking down the "Chimney"

しばらくいくと,右側の視界を遮っていた岩壁が消え,視界が開けるOoh-Aahポイント到着.「ウー」とか「アー」という感嘆の声を漏らすポイントという事らしい.日本人的には「をー」とか「うわー」だと思いますが.下の写真の左下の残丘が"O'Neil Butte"で,この先のトレイルはだいたいO'Neil Butteの右を伝って中央に向かって進みます.

Ooh Aah Point

Ooh-Aahポイントの先で雪もまだらになったので,クランポンを外しました.

Ceder Ridgeでトイレ休憩.このあたりから一旦勾配が緩やかになって,尾根伝いに歩いてO'Neil Butteの脇を通過.ところどころにある水たまりは分厚い氷が張ってます.

O'Neill Butte

10am過ぎ,ここまでの尾根道の終わりのSkeleton Point到着.標高5200ft. ここまでで,距離にして全行程の3/7, 標高差にして2/5ほど下った事になります.

ここの西側の断崖からの景色が見事でした(下の写真).この日は風もなく,ハイカーもたまにしか通らないため,立ち止まって話すのを止めれば怖いくらいの完全な静寂になります.

View from Skeleton Point

ここからスイッチバックで急降下.かつて荷物を運ぶMuleが頻繁にここから落ちて死に,その骨がTrail からも見えたことから,Skeleton Pointと名づけられたのだとか.このあたりの岩壁をRedwall Limestoneというそうで,ちょうど爬虫類が出てきた頃の地層らしい.

Switchbacks below Skeleton Point

再び緩やかになり,Grand Canyonの中腹あたりを縦断するTonto TrailとのJunctionである"Tip Off"に到着.

The Tipoff (Tonto Trail Junction)

この先は再び急勾配で一気に川まで降ります.ところどころでColorado川,Phantom Ranchが見下ろせるポイントも.川に近づくと,岩の感じも変わってきて(層を成してない),18憶年前の岩とはこういうものかという感じ.

Colorado River

ついにコロラド川到着.Kaibab Suspention Bridgeという吊り橋で川を渡ります.

Crossing Kaibab Suspension Bridge

Phantom Ranchに到着.下は食堂・売店が入っている小屋.

Phantom Ranch

下はDormタイプの宿.男女分かれていて,男女それぞれ2棟づつ.中には2段ベッドが5つあり,一棟に9人宿泊(1個は非常用なのか空けておくみたい).棟の中にシャワー,水洗トイレまでありました.

"Dorm" in Phantom Ranch

夕食も出ます.宿をとる時に事前に予約しておきます.4:30pmから始まるステーキディナーと,6:30pmから始まるシチューディナーの2種類.我々は4年半前に来たときと同じく,シチューディナーを選択.具が沢山で旨いです.お腹が空いてるので物足りないくらい.

The famous "Hiker's Stew"

谷底で消費されるあらゆる物資は毎日mule(ラバ)でSouth rimから運ばれ,ゴミもMuleで運び出されるという辺鄙な場所にも関わらず,ビール,ワインなどの嗜好品までありました(我々は飲みませんでしたが).

夜10時まで食堂はオープンだったようですが,我々は明日朝早いので,8時には就寝しました.

歩行距離: 7mile(11.3km)
獲得標高: -4800ft (-1500m)

Day2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Grand Canyon Winter Hiking: 準備編

昨年末,クリスマス休暇中にGrand Canyonでハイキングを楽しんで来ました.South rimから出発して,約4800ft(1500m)下の谷底のコロラド川まで下り,川沿いのPhantom Ranchで一泊.翌日にSouth Rimまで戻る計画.行き(下り)は尾根道のSouth Kaibab Trailを降りて,帰り(登り)は谷沿いのBright Angel Trailを使います.

実は約4年半前,2004年の夏(7月末)に全く同じ行程をやった事があり,景色が最高で,また行きたいと思っていたのでした.Phantom Ranchの予約がなかなか取れないのですが,冬は比較的空いていて,12/26(土)の夜に,男女別のdorm(寮)のタイプの宿泊施設が取れたので冬季ハイキングを決心.今年はエルニーニョで,北米の内陸部の冬は厳しいらしく,雪も多いとか.

South rimのtrailheadは標高7200ft(2200m)くらいで,この時期,朝は摂氏マイナス15度くらいの寒さです.車の中に置き忘れたペットボトルの水やコーラは朝にはカチカチに凍りました.日中の最高気温で0℃ほど.これに対して,谷底は日中は10℃以上に上がって暖かですが,朝は0℃くらいに下がります.

South rimからの最初の1-2マイルはCrampon(アイゼン)が必要,ということで,Flagstaffに寄り道して購入.ハイキングポールも持参.パークレンジャーがいうには,水はこの時期でも一人2-3リットルは持てと(South Kaibab Trailに水補給ポイントは全く無い).もしも下着が濡れたら凍死や凍傷が待ってるようなので,その着替も必要.朝のマイナス15℃対策の追加の防寒レイヤー,ヘッドランプ,1食分程度は余裕のある食料などなど入れると,荷物はいくら減らしても9kgほどになってしまった.テントも寝袋も無いのになんでこの重さ?デジタル一眼レフはあきらめ,コンパクトデジカメに変更.安全マージンを減らせばもっと軽く行けるんでしょうけれど..

Visitor Centerにいくと,明日(12/26)朝の出発時の予想気温は-16℃.凍えます.

-16C forecast for tomorrow hike-out time..

前日夜はSouth RimのThunderbird Lodgeに宿泊.明日の準備を済ませて,早々と就寝.

Crampons & hiking poles for Icy/Snowy trail

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

部長Farewellライド

自転車部の部長,SHIGEさんが仕事でSan Diegoに引越される,という事でFarewellライド.

SHIGE部長のFarewellライドらしく,OLHのタイムアタックから.OLH麓に集合.

4263702497_142c9570f4_2

個人TTだと思ってたら,部長指令で全員のマスドスタート.前回,最初からSHIGEさんのペースについていってヒドイ目にあったので,今回は自分のペースで行きます.

前方でSHIGEさんNaotoJさんAkiさんが走ってるのが視界から消えないように,心拍180を超えないように,とセーブして進行.でも千切られ気味.かろうじて視界に入ってる感じ.

こりゃもう追いつけないか?と思い始めた頃,前方では潰し合いのバトルをしていたらしく,何もしなかった私は棚ボタで追いついて,でも,Akiさんは遥か彼方に逃げきっていたようで,2番目にゴール.Akiさんとは初めて走りましたが,強いっす.

タイムは23m10s. 自己新?と思って家に帰ってから調べてみたら,前回より6秒遅かった.

頂上での記念撮影.

Photo: Junさん

Sky LondaのAlice'sへ移動してランチ.今日はSwissチーズとチキンが入った"Honda"というバーガーをチョイス.これは旨い.

Honda Burger

久しぶりにみんなで集れたので,いろいろと話ができて楽しかったです.

最後はみんなで84を海側に下り,W. Alpineを登り返して解散.

Shige-san on W. Alpine ridge

SHIGEさんには,楽しいイベントで自転車部を盛り上げてもらったり,いろいろとお世話になりました.Portla Valleyで朝練したり,最初のロングライドでMt. Hamに行った(引き回した?)のは,もう何年も前の事に感じます.さすがアスリートであっという間に自転車も強くなって,いまやロングや坂道では私はやっとの事で付いていくという感じです(今日のW. Alpineの引きもキツかった).San Diegoに行ってしまうのは寂しいですが,これからもどうぞよろしくです.

走行距離: 37.1mile

平均時速: 11.0mph

心拍(avg/max): 136/195bpm

獲得標高: 4124ft

消費カロリ: 1447kcal

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Mt. Hamilton

土曜日にNさんご夫妻とMt. Hamiltonへ.年に1-2回は行ってるつもりでしたが,1年半以上ぶりだったとは.

私は自走,妻は車でふもとまで.Nさんご夫妻ともふもとで合流.10:30過ぎにアタック開始.

下界は霧でしたが,少し上ると霧の上へ出られて,気温も上昇.Nさんご夫妻と話しながらのんびりと.途中休息しながら4時間くらいかけて頂上到着.

ここは天文台."Astronomer's Dining Hall"という建物を見つけました.子供の頃,人里離れた天文台で星を観測しながら暮らす天文学者,というのに憧れましたが,実際の所どんな生活なんでしょうね.

IMG_1976

Lick天文台のドーム.

IMG_1977

途中,補給食を食べきって,頂上に着く頃にはみんなかなりの空腹.帰路にも登り区間があるのでちょっときついなぁ,と思っていたら,天の恵み,スナックの自販機がありました.助かった.

IMG_1978

下りは流石に寒くて,凍えつつ下りました.年明けからMt. Tam, Mt. Hamと山づいてます.次はMt. Diabloかな.

Img_1980

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

Mt. Tam

走り初めの翌日,年末年始の休暇最終日,Marin Countyの方の天気が良さそうだったので,Mt. Tamまで行って登り中心に走りました.

スタート&ゴールはいつも通りGolden Gate BridgeのSan Francisco側のたもとですが,いつものようにMill ValleyからMt. Tamに登るのではなく,Fairfaxからの北回りにして太平洋岸を追い風で楽しめるルートで.

8:30amにスタート.沢山のRoadieに混じってというか向かい風の先頭を引かされてSausalitoを抜け,SFRブルベのルートでFairfaxへ.Larkspur, San Anselmoのカフェには,これから走りに行くのか,まさかもう走り終わったのか,Roadieが沢山集まってなにやら楽しそう.

Fairfaxから山へ.前にいたホームレス風のMTB乗りに Good Mornin' と声をかけ,華麗にパスしたところ,この方案外強くて,次の急勾配で抜き返され,その後も抜きつ抜かれつして,最後は千切られました(情けな..).ゴルフ場の脇を登って,ひと山こえて貯水池(Alpine Lake)まで降り,再び登って尾根へ到達.

尾根からは尾根道(Ridgecrest Blvd)でMt. Tamへ出られるのですが,一旦太平洋岸へ降下.Bolinas Lagoonを右手に見ながらHwy1を南下してStinson Beachへ.このLagoon沿いの区間はちょっと退屈.Ridgecrestの方が景色がよかったか.

ちょうど昼時なので,Stinson Beach Market で休息.日本風のおかき(rice cracker)が売ってたので,それを一袋丸々食べ(あんまり旨くない..),甘いものが欲しくなって,GhirardelliのSquaresチョコをバラ売りしてたのでそれを1牧.このGrocery Storeは店の前にベンチがあってサイクリストの休息ポイントのようでした.

Stinson Beachの少し南で左折し,Mt. Tam (標高2574ft=784m)をアタック.Mt. Tamは景色が良いので何度登っても楽しい.

頂上から見ると,この時間,San Franciscoは霧に没してるようでした.

S.F. view

登った道を辿って太平洋岸に降り,Hwy1に復帰して南下.ここからHwy1は崖の上へ駆け上がり,海岸線を見晴らせる気持ちいい区間.しかも今日は南下なので追い風,かつ,海側で最高.

Stinson Beachをふりかえったところ.

Stinson Beach

前方の景色.

Pacific Coast

Muir Beachの先もずっとHwy1を走り,ひと山超えてMill Valley->Sausalito.

Mill Valleyの自転車屋(Studiovelo)の前に自転車用品の自販機を発見.といっても,スナック類を売る自販機に自転車用品を入れてるだけですが.タイヤチューブ,パッチ,CO2ボンベ,タイヤレバー,潤滑油(T-9)の他,各種パワーバーとジェルが揃ってます.なんで自転車屋の前に?とちょっと思いましたが,当てにして来たら店が閉まってた(この日も実は閉まってた)という場合の為でしょうか.

Bike goods vending machine

Sausalitoの手間で燃料切れ.サイクリストが集まるCafe (Taste of Rome)に吸い込まれ,サンドイッチとコーヒーを補給して帰りました.

Bikelyからのデータ:

走行距離:70.1mile (112km)

獲得標高: 7655ft (2333m)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010年1月 4日 (月)

Triple Crown Jersey & Super Randonneur Jersey

年が明けてしまいましたが,昨年のCalifornia Triple CrownとSuper Randonneurのジャージが届きました(正確には,とっくに大学のMailboxに届けられていたのが放置されていた..).

California Triple Crown Jersey(front) California Triple Crown Jersey(back) Super Randonneur Jersey(front)

いまさらですが昨年を振り返ると,一番嬉しかったのはTriple Crownでも,Super Randonneur Awardでも,はたまたDeath Ride(15000ft in 129miles)完走でもなく,Terrbile Two(16480ft in 200miles)完走でした.あのスタート前の心細い感じと,時間制限に追われながら走る感覚は他には無かったです.

今年は既にDeath Rideにはエントリしましたが,昨年以上の目標というと..
- Central Coast 1000kmブルベ
- Devils Moutain Double (18600ft in 207miles)
- California Triple Crown Stage Race(16000ft級の指定されたDouble x 3)
- Alta Alpina 8 passes Double(20300ft in 198miles)
- Everest Challange(29,035 feet in 206 miles, ただし2日間のステージレース)
くらいかな..そろそろ決めないと.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

走り初め2010

クリスマス休暇から,グランドキャニオンに冬期ハイキング旅行なぞに行って,家に戻ってきてバタバタと片付けをしているうちに,年があけてしまいました.

昨年の走り納めは,12/30に走ったKings Mtn->Skyline->W. Alpine->Page Millでした.約1ヶ月半ぶりの自転車で,恥ずかしいことにサイコンの電池まで切れていて,距離も計れない始末.いろいろと完全に鈍ってます.

2010年のブルベも開幕するし,そろそろ気合を入れ直さないと,と思っていたら,3renshoさんから,正月2日に走り初めのお誘い.いい新年のスタートを切るためにも,是非参加しなければ.

ところが2日の朝は胃痛で目が覚め,出発の時間が迫っても回復せず.あきらめて一度は3renshoさんに欠席の電話を入れるも,妻の準備を手伝ううちに,胃痛も耐えられるレベルに治まってきて,思い切って参加する事に.慌てて準備して出発.

10時に集合場所のDavenport到着.今日の企画をしてくださったGinoさんご夫妻,Death Rideで知り合ったNahokoさん,いつものサイクリングメンバーと落ちあってスタート.

Hwy1を下って,Santa Cruzに入り,Natural Bridge State Parkを抜けて海岸線へ. 今日は波浪警報が出るほどの波.それでも沢山のサーファーがいました.

Santa Cruz Coast

まだ10マイルほどしか走ってない気もしますが,お腹をすかせてSanta Cruzのシーフードレストランへ.

HAWGS Seafood Bar

今日の10台の自転車.

Lunch@HAWGS, Santa Cruz, CA

朝の腹痛はどこへやら.シーフードを堪能しました.

牡蠣(blue point oysterという種類)

Oysters

Steamed Clam.ガーリックと白ワインで蒸したもの.

Smoked Salmon. といっても,食べ慣れている生のものではなく,中まで火が通っているもの.香ばしくて非常に旨い.

 

Smoked Salmon

Shrimp Ravioli

Shrimp Ravioli

今日のメンバー(10名中,なんと6名が黄色いジャージ.寅年だから?)

Groupphoto

Santa Cruzからは,Bay Street -> Empire GradeをIce Cream Gradeとの交差点まで上るヒルクラコース.2200ftほどですが,20%越の区間もあり,鈍った足にはいい運動になりました.

最後はIce Cream Grade->Bonny Doonを下って,Hwy1に出てDavenportでゴール全部で30マイルほどでした.

もともとこのライド,"Butt freezing ride"と称されていて,相当寒いんじゃないかと恐れてましたが,太陽も出て,それほどの寒さでもなく,綺麗な景色,旨い昼ごはん,楽しいおしゃべりを楽しめて,いい走り初めになりました.

* サイコンの電池切れのため記録ありません (Polar CS600はCR2354という(こちらでは)珍しい電池で取寄中)*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »