« Mt. Diablo & Morgan Territory ride | トップページ | SRCC200km: 妻の初ブルベ »

2010年3月28日 (日)

SFR400kmブルベ(Hopland)

更新をサボってますが,今年のブルべは既に200kmを2つ,300kmを1つ走ってます.400kmはSan Francisco Randonneursで走ってきました.

雨の心配が無く,また600kmのように着替も持たないとすると「BMCでバッグ無しでいけるか?」と思いましたが,コースを見ると補給状況が悪そうで食料を積む必要アリ.400kmなのにRest Stopは4カ所のみ(昨年は3カ所だったらしい).しかもガソリンスタンドに付帯のmini martが多く,まともな食事は期待出来ません.Trekにリアバッグを付け,オニギリ,アンパン,スナックなどなど,大量の食料を積んで行きます.

当日朝5時過ぎにGolden Gate Bridgeのたもとへ集合.恒例の誓いを立ててスタート.

Start-CTRL1: Bodega Country Store (63.4mile地点)
今年から新設されたというBodegaのコントロールまでの長い区間.昨年はこのstopが無く,スタートから81.2mile (130km)もの区間rest stopが無かったというから驚き.

Fairfaxの手前で日の出を迎え,朝霧が残るNicasio Valleyを通過.ここは冷たい空気の固まりが溜まるところのようで,ぐっと冷え込みました.

Nicasio Valley

2年前のMarin Century(metric)でも越えたWillson's Hill Rdの激坂を登って頂上へ.このあたりの山全体が緑の牧草に覆われていて非常に綺麗です.

Wilson Hill Rd Summit

こっちは昨年のMarin Centuryの復路で通ったChileno Valley Rd沿いの牧草地.8月のMarin Centuryでは枯れ草の黄色い山だったのに,いまの季節はこの青々とした緑.すばらしい景色.

Chileno Valley Rd

最初は20名ほどいたグループも散り散りになり,先頭の5名ほどに付いて来ましたが,最後の最後で千切れたままBodega Country Storeに到着.10:00前.具だくさんのスープを買って,持ってたオニギリと一緒に朝食.

CTRL1: Bodega Country Store

CTRL1-CTRL2: Guernville Safeway (80.61mile地点)

わずか17mileほどの最短の区間.さっきの先頭集団と出発しようかどうか迷ってましたが,どうせ追いつかれるだろう,と先に出発.

出発してすぐに,噂の"Joy Rd"へ.名前とは裏腹に,皆が"Joy sucks!"と言っていた急坂.

Joy Rd entrance

確かにかなりの急勾配が長く続く道.途中で1000mile Club(年間double century x 5本完走)ジャージを着たBrianに追いつかれ,話しをしながら頂上へ.5本の内訳がなかなかすごく,Mt. Tam doubleとTerrible Twoが入ってました.特に登りが強いライダー.Alta Alpina 8 Pass (20300ftを登るダブルセンチュリー)の話題になりましたが,この彼をしても「まだ先かな」とか..

Joyの頂上から下ったところで,2007 PBPジャージのMikeとも一緒になり,Occidental->Monte RioでRussian River沿いへ出て,CTRL2へ.11時30分頃.もうお昼です.

CTRL2-CTRL3:Hopland Velreo Mini-Mart (133.21mile)

折り返しポイントへの53mile区間.CTRL2をMike, Brian,Andreaと一緒に出発.AndreaはSFR300kmでも見かけた女性ライダー.Pinarello PrinceにHyperon Ultraというバリバリのレースバイクでのブルベ.フロントポーチにうまく荷物をまとめてます.私もBMCで同じようにしてくれば良かったか.結局この3名の方とはゴールまで300km近くを一緒に走りました.

Andrea (Westside Rd)

Russian RiverからWestside Rdで北上.ワイナリーの中を抜ける道.2月末の300kmの時に逆向きで走った道.みんな「なんか分からないけど,こっち向きの方がイイ」と言ってます.それは追い風だからでは?

2月の時はワイナリーのブドウは完全に葉がなかったですが,そろそろ葉が生えてきたものもありました.

Westside Rd

追い風に助けられ,また,ローテーションもうまく行って終始20mphをマークするハイペース.Cloverdaleを過ぎ,1300ftほどの最大の山越えも果たして,Hoplandへ.

Mountain House Rd Summit

15時過ぎにHopland到着.折り返し点.しっかり目に食べておきます.私はroast beef sandwichを食べました.

CTR3: Hopland mini mart

Andreaが持ってたポカリスエットの粉末.懐かしい〜.アジア系スーパーで入手したとか.日系スーパーでも高値を付けて売ってます.飲み慣れた味で口に合うんですが,高くてなかなか買えない代物.

Something I didn't expect to see in the US

CTRL3-CTRL4: Petaluma Safeway (205.01mile)

CTRL3で人数が集まり,8名で出発.この先はずーっと向かい風なので人数が多い方が助かります.

US101を南下中.今日はTriple Crownジャージを着てます.

Hwy101 southbound

8人によるローテーションで向かい風でも18mph程度をキープ.この中には,Everest Challenge (2日で29000ftほど登る)のfinisherのClay,Alta Alpina 8 Passの完走者の方(お名前失念)もいて頼もしい限り.400kmの帰路とは思えないハイペース.

ちなみにこの白ジャージの方(Tomさん)は,Selle An-Atomicaのファウンダー.東京にも長く住んでいて,同社のサドルも日本で売ってるとか.

Paceline w/ 8 riders (Hwy101 southbound)

ひたすら向かい風&アップダウンが続くワイナリーの道を走り,Chalk Hill Rdというので一山越え,Windsorへ.このあたりから私もぐったり疲れて,ローテーションも乱れ気味.最後まで強くて引いてくれるのはMike, Andorea, Brian. 私はGPSがあるんで,もっぱらナビゲーション役になってしまいました.

Santa Rosaの北端あたりのコンビニでトイレ休憩して夜間装備に変換.ほどなく日がとっぷり暮れて,一路Petalumaを目指して南下.Petaluma City Limitの看板を見たときは歓声があがります.

Petaluma直前でちょっとしたアクシデント.道路に鋭角で線路が横切る,悪名高い場所があるんですが,その通過時に先頭を引いていたClayが転倒.その2つ後ろにいた私もかろうじて難を逃れました.Clayもうまく受け身を取ったようで,自転車,体ともに大丈夫.ホッとしました.

8:30過ぎにPetalmaのSafewayに到着.SFR300kmで使い慣れたControl. いつものスープやDeliはもう終わってます.スシに目が行き,Andreaとシェア.生魚系もありましたが,好みがあるかと思い,無難にカリフォルニアロールで.この"Tsunami"ブランドの寿司はPalo Altoでも見かけますが,まぁ普通に食べられます.先にいたライダーがお裾分けしてくれた,チキンのBBQもシェアして,ちょっとした遅めの晩ご飯.

Shared California Rolls

CTRL4: Petaluma Safeway

CTRL4-Goal: Golden Gate Bridge (248.65mile)

いよいよ最後の45mile.走り慣れたコースだけに,いくつ,どれくらい登りがあるか分かっててちょっとひるむ.

Petalumaの古い町並みを残すダウンタウンは雰囲気も良く,着飾った男女が街を歩いてます.そうだ,今日は土曜の夜なんだった.窓越しに見える,暖かそうなレストランの店内は目の毒です.

Pt. Reyes-Petaluma Rdに入って最初の峠が残された中では一番キツイ峠.summitでregroupしよう,といってそれぞれに登ります.トリプルのフロントインナー(30歯)はgrannyギアと言われようが何と言われようが,使わせていただきます.この峠は何とかBrianについていって先頭で通過.

最後まで衰えないMikeに引いてもらって,寒々としたNicasio Valleyを抜け,600ftの山越えてSir Francis Durake Blvdへ.さらにもう一つ600ftのピークを越えて,Fairfax到着.

土曜23時のFairfaxは夜の街.バーに集う人達で賑やかです.ヘンテコなヘルメット,反射素材と蛍光素材に身を包み,派手な電飾のようなライトを付け我々はさしずめエイリアン(笑).

Fairfax, Anselmo, Larkspurと淡々と進んで,最後のCort Maderaの坂はどん尻で通過.もうぐったり.

Sausalitoに入ると,San Franciscoの夜景が対岸に見えます.とうとう帰って来たよ..

Golden Gateへの最後の坂では私は元気がなく,ズルズルと最後尾.気付くと,TomとAndoreaが居ない.Mikeが下がってきてくれて,「TomとAndreaが来るまでゆっくり行こう」と.そうだよなぁ,300kmも一緒に走り,向かい風と戦ってきて,一緒にゴールしないなんて考えられないよ.

ゆっくりというか私的にはめいっぱいで登ってると,後ろからライトがチラチラと.振り返る元気もなく,"Andorea?"と確認すると, "Yes!"と.よかったです.

橋のたもとで7名全員がそろって,ゲートオープン.

Golden Gate Bridge

見事な夜景を楽しみながらGolden Gate Bridgeを渡り,最後はみんなで歓声をあげつつゴール.ゴールは0:17. 18時間17分.結局7名とは後半のほぼ200km. 中でもMike, Andrea, Brianとは300kmに渡って走った事になります.一緒に走っていて楽しく,頼もしい,素晴らしいライダー達でした.600kmでも会えるといいね,といいつつ解散.

ここ3年,Davis Club, Santa Cruz Randonneurs, San Francisco Randonneursと3つ400kmを走りましたが,これが一番きつかったように思う.力が落ちてるのかな,という気もしますが,獲得標高を見て納得.11207ft(Polarによる.Garminだとあと1000ftほど多い). そりゃ厳しいはず.

走行距離: 247.4mile
平均時速: 15.9mph
心拍(avg/max): 140/176bpm
消費カロリー: 6194kcal
獲得標高: 11207ft.

ルート: http://ridewithgps.com/routes/48432/

|

« Mt. Diablo & Morgan Territory ride | トップページ | SRCC200km: 妻の初ブルベ »

コメント

凄いですね-。もう想像できない距離で、"凄い"の凄さもきっと分かってないんでしょうが、私の場合。女性でもいるんですね-。すごいです。レストストップ少なすぎです!あんまり走る人がいないからですか???何人くらい走ってるのでしょう、、、、?

来週、完璧にお邪魔虫になっちゃいそうですが、、、、頑張ってついていきますね。とりあえず、家からOLHまで往復で走ってみましたが、やっぱり坂に時間がかかりすぎです。でも膝はどうにか頑張ってくれました。天気がちょぴっと心配ですね。晴れると良いなぁ。

投稿: Nahoko | 2010年3月28日 (日) 23時58分

セラアナトミカのtomには去年のLA200で引っ張ってもらいました。カルフィーの竹バイクに乗ってましたね。カーボンよりも素晴らしいマテリアルだぜ!って。

そのときはアナトミカのtomとは知らず、というかアナトミカもよく知らなかったのですが、その後購入し、現在でも長距離のブルベでは使ってます。

投稿: さとう◎ | 2010年3月29日 (月) 03時52分

Nahokoさん,
この日は60人出走でした.400kmにしては多いと思います.女性は少数ですがいますよ.今回も4人くらいいたんじゃないかな.ダブルセンチュリーの方が女性率はずっと高いです(昨年のカリフォルニアトリプルクラウンwinnerは男性: 423人,女性: 71人).
日曜日よろしくです.天気予報気になりますね〜.もう雨期は終わったと思ったのに.

さとうさん,
おぉ,ご存じでしたか.最後のcontrol (約330km走った後)で,Tomは「いまからもう一回このルートを走れと言われても,お尻に関してはなんの問題もない.全く痛くない」と言ってました.私も買ってみようかなぁ..

投稿: sagano | 2010年3月29日 (月) 19時35分

お疲れさまでした!僕もアナトミカかなり興味あります。先週末のSolvang DCでもかなり痛い目にあったので。(笑)そういえばSolvang DCで走行中、とあるサイクリストに声をかけられブルベの話になり、「Masaと一緒に400kmを16時間台で走ったよ!」という話でかなり盛り上がってしまいました。世界は狭いですね。w

投稿: Aki | 2010年3月29日 (月) 22時23分

Akiさん,
サドル探しの旅..ですかね〜.いまのも相当合ってる方だと思ってるんですが「全然痛くない」と言われるとちょっとショックです.
NorCalのブルベで日本人に会ったことがないので,珍しくて覚えてくれてるんでしょうかね.妻が隣で「それは世界が狭いんでなくて,イカレタ人が限られているだけ」とか言ってます.自分も走ったことは忘れているらしい(笑).

投稿: sagano | 2010年3月30日 (火) 00時27分

>>「それは世界が狭いんでなくて,イカレタ人が限られているだけ」
名言・・・。

私も1200kmを走り終えてケツだけはまだ走れそうでした。不満がないわけじゃないのですが(革が伸びやすい?こと、革の末端の処理のこと、”本当の”雨天でどうなのか)、USのブルベでよく使われているだけのことはあるかと思いました。

投稿: さとう◎ | 2010年4月 4日 (日) 02時28分

>私も1200kmを走り終えてケツだけはまだ走れそうでした。
これは説得力ありますね〜.オーダーしちゃおうかな.

投稿: sagano | 2010年4月 4日 (日) 14時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150938/33983437

この記事へのトラックバック一覧です: SFR400kmブルベ(Hopland):

« Mt. Diablo & Morgan Territory ride | トップページ | SRCC200km: 妻の初ブルベ »