« Everest Challenge: Day1 | トップページ | Death Ride 2010完走ジャージ »

2010年10月 4日 (月)

Everest Challenge: Day2

(準備編はココ, Day1はココ

朝4:15am起床.あまり深く眠れなかったものの,足の疲れは残って無い.

今日のスタート地点は,Bishopから南へ車で20分ほど行ったBig Pine.Hwy160とDeath Valley Rdの交差点を起点に,放射状に3つ登りをこなすというコース.

5:45amにはスタート地点に到着.外は寒いので,自転車を組んだら車内で時間まで待機.

10分前にスタートラインに向かうと,Race DirectorのStevenさんをはじめ,沢山の方に「ホイールが見つかって良かったね」と声がかかる.

Publicカテゴリは昨日より明らかに人が減っている.昨日,DNFした人や,今日はDNSにした人がいるんだろうな..

さて今日は何人生き残れますか.

2nd day start

昨日の朝よりさらに寒く,震えながらスタートを待つ.

いよいよ6:20am. 

"Riders Ready"

そしてスタート.

走り始めても足のだるさは無く,さら足のよう.でも心拍が全然上がらず140bpm台.やっぱり体は疲れてるらしい.

約3mileの平地をのんびりと走り,US395からCrowker Rdに入ったところで体も温まり,ウィンドブレーカーを脱ぐ.いよいよ登坂開始.

1st Climb: Glacier Lodge Rd

 

獲得標高3900ft(1188m), 9mile(14.5km), 頂上標高 7800ft(2377m)

坂を登り始めても残念ながら心拍は上がらず.150bpm台で息が切れる.ダメだこりゃ.

最初は6名ほどの先頭集団に付いていたが,だんだんと苦しくなり,九十九折りの急勾配のところで千切れた.

Out of sight, out of mind. 後は一人旅.

時折,レーシングカテゴリのレーサが脇を抜いていく.マイヨジョーヌならぬ,Everest Challengeジャージを華麗に着こなしてるのは,Publicの10分後に出たWomen集団の先頭ライダー.Women Pro/1/2のStage 1リーダらしい. "Good job!"とか声をかけながら,軽やかに抜いていく彼女達にスピードが合うはずもなく,追っかける気も起きない(アメリカでは自転車で誰かを抜く際,何かしら挨拶して抜いていくことが多いが,こういう場合の"Good job!"は何かちょっと凹む).

昨日に比べて,出力がどれくらい下がってるのか分からないが,こんな心拍数でcutoffをクリアできるのか,ちと心配になってくる.

8:00に頂上到達.目標よりは12分早い.意外とスピードは出ていたらしい.食べられる間にと,ジェルx2, バナナx2を食べ,急いで一気に下り.

Big Pineからスタート地点に戻る平坦区間では,MTB"改"に乗ったオジサンを引っ張って22mph巡航.足はすこぶる好調.

スタート地点に戻ったのが8:30am. 5分貯金が増え,目標より17分早い.停車する事も無く,そのまま2つめの登りへ.

2nd
Climb: Death Valley Rd

獲得標高2600ft(792m), 8.5mile(13.7km), 頂上標高 6545ft(1995m)

2日間の6つの登りのうち,一番易しい登り.コンスタントに続く5%程度の緩い坂.

足取りは軽く,予想より1-2mph速く走れる.これで一気にタイムに余裕が出るはず.

そこでも,レーシングカテゴリのライダーに"Good job!"と言われながらバンバン抜かれ行く.それはイヤミですか? さっき引いたMTB改のオジサンまで,私の肩をパンパンと叩いて抜いていった.「さっきはサンキュー」という意味なのか? オジサン強いじゃないですか.. だったら引いてくれても良かったのに.

Eastern SierraとOwens Valley.茫漠とした砂漠の景色はいつまで見ていても飽きない.

Easter Sierra View from Owens Valley

9:40amに頂上の折り返し点到達.目標より33分早い.ここのcutoffは11:30amなので,まだまだ余裕十分.

Waucoba Canyon Aid Station (top of the 2nd climb of the 2nd day)

下って再びスタート地点を通過.10amちょうど.目標との差33分は変わらず.

IMG_0832

車にオニギリなど置いてあったが,食べる気が起きず,トイレだけ済ませて,最後の登りへと出発.

3rd Climb: White Mountain

獲得標高6160ft(1878m), 21mile(33.8km), 頂上標高 10100ft(3082m)

2日間で最も長く,厳しい登りの始まり.でも足も十分残ってるし,時間も余裕十分.大きく崩れなければ完走出来るはず.

CA168

Hwy160でOwens Valleyを脱出.7-8%の登りが延々と続く.

IMG_0843

日陰なんてどこにも無い.まだ午前中だというのに,太陽にジリジリと焼かれ,暑いことこの上ない.とにかく大量に飲み続けて耐えるのみ.

IMG_0844

標高6000ftのエイドステーションを過ぎ,標高7500ftあたりでHwy160を離れ,White Mountain Rdへ.

標高7750ft.ゴールまでの最後のエイドステーションに到着.

White Mtn Aid Station (elev. 8000ft)

ここでバナナとジェルを摂って走り出したら,ついに吐き気に襲われる.ダブルセンチュリーで「走りながら吐いた」という話しを聞いた事があるが,それをやりそうになった.水だけでなく,塩分も大量に摂っているが,そろそろ胃も限界か.

計算ではここから頂上まで平均斜度5%. 楽勝と思ったら,なんと下っとる!

6月にここを走った時の事をようやく思い出した.ここから先は,しばらく登ったり下ったりした後,一気に急勾配で登るんだった.うへぇ.

標高8000ft〜9000ftは九十九折りの連続.10%,15%はアタリマエ.時々18%という暴力的な勾配も.ヨロヨロと4mphくらいしか出やしない.これが噂に聞いていた「最後の最後に一番キツイ坂がある」というあれか.

標高9200ftあたりで,Eastern Sierraが見渡せる西斜面へと到達.ここから勾配が弱まってた記憶が... というのは都合のいい幻想.引き続きの急斜面.気持ち悪さに耐えつつ,景色を眺めて気を紛らわせながら登ることさらに20分.

路肩にいたギャラリーから"200 meters to go!"の声.やっと終わる...

坂を登り切ると前方にFinish Lineの白線あり.

ゴール計測係の方の"sprint!"の声にはっとして,ちょろっと加速してしてゴール.

Finish Lineを振り返った所.ついにゴール.嬉しい〜.13:10頃の事でした(cutoffは15:30)

Finish Line (2nd day)

ゴールの先を少し下ったところに頂上エイドステーション.

Finish Aid Station

ここでも,レースディレクター氏に遭遇.完走メダルを手渡してもらった.右手に持ってるのが完走メダル.一日目のメカトラブルの印象があまりに強烈で,二日目は何かあっという間でした.

I DID IT!

40分ほどエイドステーションで休息.まだ気持ち悪さが残ってるので,スープ,コーラなぞを飲んで,下りのためのエネルギーを蓄える.その間,Cat3の表彰式などをやっていた(Pro/1/2などの表彰式はとっくに終わってたんでしょう).

Cat3優勝者に小切手を渡すレースディレクター.

IMG_0853

ちなみに完走メダルはこんなやつです.縁取りのチェーンはSRAMだった.

Finisher Medal

「完走ジャージ」はなく,「参加者ジャージ」ですが,こんなデザイン.赤玉ジャージの赤玉の中に,自転車に乗ったMountain Goatが描かれてます.

IMG_0862

そして私の結果は:

Stage1: 9時間34分57秒
Stage2: 6時間48分54秒
Total:  16時間23分51秒

最も恐れていたカットオフ時間は,結局あまり問題ではなく(両日とも最後は2時間前後余裕があった),最大のピンチは予想外のスポーク切れ.本番で切れるとはなぁ.

しかし,完走率(下記の表)を見てちょっと怖くなる.特に私のカテゴリ(Public Men)の完走率は42%しかない!これは事前に知らなくてよかった.こんな完走率の低いイベントはいまだかつて無い経験.

また,時間的には「余裕十分で完走した」と思っていたけど,完走者全体(229名)で,私より遅い人はたったの31名.完走者グループの後ろから数えて15%ほどの所にいた訳です.. そう考えるとヒヤっとします.

ちなみに,全カテゴリのトップは10時間02分35秒.もはや想像を絶する世界.

Everest Challenge 2010 完走率
Category 出走 Stage1完走 Stage1&2 完走
Public Men 43名 26名
(完走率60%)
18名
(完走率42%)
8位
全カテゴリ 357名 274名
(完走率77%)
229名
(完走率64%)
198位

兎にも角にも,メカニカルトラブルにも関わらず,いろんな人に助けられ,Everest Challengeを完走!嬉しいです.

走行距離: 85mile (137km)
平均時速: 11.0mph (17.7km/h)
心拍(avg/max): 137/157bpm
消費カロリー: 3616kcal
獲得標高: 12060ft(3676m) [Polar], 12961ft(3950m)[Garmin]


|

« Everest Challenge: Day1 | トップページ | Death Ride 2010完走ジャージ »

コメント

お疲れさまでした&完走おめでとうございます。それにしても壮絶ライドで、読んでいるだけで心拍数があがってきそうです。w いろいろトラブルがあってもいろんな人に助けられたり、出会いがあったり、というのがこういうイベントの醍醐味ですよね。

いろいろお話も聞かせていただきたいですし、ぜひ近いうちにみんなで集まって飲みましょう。( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: Aki | 2010年10月 5日 (火) 07時49分

なんか最後の坂の「獲得標高6160ft」ってのも
あっさり書かれてるけどとんでもない坂ですよね。。
一日目のトラブル、切り抜けられて本当によかったですね。
ご自分でもかかれてたけど何がなんでも完走したいという
気持ちが強かったおかげで切り抜けられたという感じですね。
成績だって、全体ってプロとかまでいれてだし、これを目指そうってアマチュア43人中で8位って見たら本当にすごいことです!そしていつもの如く、cut offが心配心配と言いつつ全然余裕で行けちゃってる(^_^)。
完走おめでとうございました!

投稿: こうくん | 2010年10月 5日 (火) 08時48分

すごい、すごすぎる!私だったら絶対途中でbonkしてDNFする自信がありますw。
しかしスポーク折れ、無事で何よりでした。下りでリアブレーキなしって考えられないです。。。奥様との連係プレーが涙ものですね。
いやそれにしてもおめでとうございます!

投稿: naotoj | 2010年10月 5日 (火) 10時16分

完走おめでとうございます!
一日目の大トラブルを乗り越えての完走はすばらしいですね!
タイムも、初日のロスを計算したらだいぶ違うんじゃないですか?

参加者の方々も親切そうで、心底楽しんでいる(苦しんでいる?)様子が伝わってきます。いずれ自分も・・・いつになることやら。

完走者メダル、かっこいいですね。自分は余ったチェーンをキーホルダーにしてるんですが、このアイデアはありませんでした。

投稿: おげ | 2010年10月 5日 (火) 10時33分

Akiさん,
終わってみれば,トラブルやらいろんな人に助けられた事が,忘れられない楽しい想い出になりました.みんな本当に親切で感謝です.
飲み会,是非やりましょう!でも,もう酔った勢いで次ぎの目標を口走る事はしないと思いますが :P

こうくんさん,
まずもって,Everest Challenge出走の宣言をさせてくれた事に感謝です!(笑).
あの飲み会で,あの場にこうくんさんが居なければ,今年これを走る事は無かったと思いますw
スタート前から,弱気な感じだったんですが,メカトラブルで逆に燃えました.そういう意味では良かったのかも.こういうイベントって,メンタル面は非常に重要ですしね.
成績は,個人的には満足してますが,客観的には褒められたもんじゃ無いです.本物のローディは次元が違うという事を見せつけられました.

NaotoJさん,
いやいや,NaotoJさんなら,レーシングカテゴリでいい順位を狙えると思いますよ.来年どうですか^^? コースの難易度,景色のすばらしさ,参加者のレベルの高さ(ただし私を除く),どれも飛び抜けて良かったです.

おげさん,
こんな大きなメカトラブルは,普段の練習やロングライドを含めて一度もなかったので,あまりのタイミングの悪さに笑ってしまいました.トラブルのために全部で1時間くらいは走れなかったと思うんですが,まぁ,その分休めて回復してた面もあるので何とも言えないです.
Bishop〜Big Pine〜Lone Pineあたりは,スケールが桁違いの坂の宝庫です.ちょっと遠いですが,景色も本当に最高なので,ECでなくてもオススメです(今年だけで,私は3回も走りに行ってます).もちろんECも是非!ダブルセンチュリーもいくつかありますよ.

投稿: sagano | 2010年10月 5日 (火) 19時34分

すっかり書き忘れてしまいましたが,地獄のMt.Ham練に付き合って下さった,NaotoJさん,Kley, ooshiさん,ありがとうございました!
あの練習はペースを掴む模擬練習として非常に有効だったし,なにより根性と自信が付きました.

投稿: sagano | 2010年10月 5日 (火) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150938/37075345

この記事へのトラックバック一覧です: Everest Challenge: Day2:

« Everest Challenge: Day1 | トップページ | Death Ride 2010完走ジャージ »