2010年4月 4日 (日)

SRCC200km: 妻の初ブルベ

遡って書いてますが,先月(3/13),Santa Rosa Cycling Club(SRCC)主催の200kmを走りました.

正月に妻が「今年はブルベを走ってみたい」というもので(←ここ重要),2月のSan Francisco Randonnerus(SFR)の200kmに申し込んだのですが,あいにくの雨で私だけ出走となりました.代わりを探していたところ,SFRのRBA(Regional Brevet Administrator)のRobさんがSRCCの200kをMLでオススメしていたのに乗りました.

コースはHealdsburgを出て,少し北上したら,あとはCA128をひたすら南下.山越えして北側からNapa Valleyに入り,Valleyをほぼ南端まで縦断,折り返して帰るコース.延々とワイナリーの中を走ります.

コース: http://ridewithgps.com/routes/30815

Healdsburgに夜明け前の6時到着.かなり寒い朝.いつもSFR300kmの折り返し点になってるSafewayに車を停め,スタバでコーヒーを飲んで暖まってからスタート地点へ.

チェックイン中の妻.自分のブルベカードを探してます.

Rider check-in

Rob, Calros, Robertなどなど多数のSFRの面々と会えて妻を紹介.初出場の妻を励ましてくれました.

Pre-ride meeting開始. 昨年の2倍の参加者で70名余り.過去最高の参加者数だとか.SFRと同じく,"Promise not to do stupid stuff"の誓いが終わると(今年からどこでもやる決まりなんだろうか?),カゴから白い鳩が沢山飛ばさされるという凝ったスタート.

Rider's meeting

出発直後,妻の調子が上がらず,どんどん置いていかれて,気が付くと最後尾に近い.この時点の停止時間もいれた平均速度で10mph出てないので,このままいけばcut-offに引っかかります.まずいなぁ..

でも天気も景色も最高です.

Winery

スタート直後(10.4mi地点)の北端のCTRL#1はサインするのみで休まず出発.このブルベ,10.4miと69.9mileの2カ所にCTRLがあるのみ.次ぎは約60mile(95km)先までCTRLなし.初ブルベの妻にはちょっとキツイか.

2時間ほど走ると,体が温まったのか妻の調子が戻ってきたようで,平均速度も13mphあたりまで回復.これなら大丈夫.

Napa Valley側の町,Calistogaへ向かう山越えが始まるところ.

CA128 to Calistoga

Napa Valleyに入ると,またひたすらワイナリー.長大な区間なのでところどころで休憩し,軽く食べながら行きます.

IMG_2466

追い風に乗ってNapa Valleyを縦断.18-20mphくらいはコンスタントに出していて,そんなに悪いペースではないはずですが,2名ほどに追いついただけ.

南端のCTRLに近づくと,もうお昼を食べ終わって折り返してきた人達と沢山すれ違いました.

Terrible Twoでもそうでしたが,SRCC主催のイベントはrest stopの食べ物が充実してます.SFRのように全て自力で解決,というのがブルベの本来あるべき姿だと思いますが,ちゃんとした食べ物にありつけるというのはやっぱり有り難い.

Ayuko's Lunch

IMG_2479

出発する頃には,このコントロールが撤収作業に入ってます.やはり我々はほぼ最後尾らしい.5時間で70マイル(112km).200kmブルベにしては悪くないペースなんですが,どういうこと?

12:30過ぎに再出発.もうコントロールも無く,ゴールまで約90kmの区間.予想していましたが,やはりずーっと向かい風らしい.

出発後も数人に抜かれ,さっきコントロールに残っていたメンバーからすると,どうやら我々は最後から2番目と認識.Lanterne Rouge(最後尾走者)を経験することもなかなか無い事なので「最終ゴールでもいいかな〜」と私は思ってますが,妻は微妙に気になるのか時々「後ろ来てない?」と聞いてます.最後尾になったら気持ちの糸が切れそうなんだとか.

長い長いNapa Valleyを北上し,ようやく北端のCalistogaまで戻ってきました.3pmです.一山こえれば後は下るだけ.

Calistoga

結局この最後の90km区間は,一度も休息せずでした.

ゴール地点はHealdsburgのダウンタウンのビアホール,"Bear Republic Brewery Co." .ビアホールがゴール地点なんて,なんと素晴らしい.

ビアホールの裏庭にみんな集まって,わいわいガヤガヤやってます.あー,もうみんなとっくにゴールして,いい感じに出来上がってるよ...

遅刻した生徒のように,ぬーっと顔を出すと,"Masa-!"と声をかけてくれて,妻の初ゴールも祝ってもらって,照れくさい感じです.

Finish Control

時間は10時間をちょっと切って9時間56分.このタイムで最後から2番目なんだから全く..

主催のBobさんと話すと,これは毎年恒例の超高速のブルベなんだとか.300kmはPBPとそっくりのterrianなので,PBPに出るなら是非走った方がいいとか,長距離走はとかくburn outしやすく,PBPまでは600km以上を走らない事をオススメする,とか,いろいろアドバイスをもらいました.Terrible Twoでも感心しましたが,SRCCは本当にいい自転車のコミュニティでした.来年もまた来ます.

Bear Republic Brewery, Co.の店内:

Bear Republic, Brewery Co.

走行距離:124.9mile
平均速度: 13.5mph
心拍(avg/max): 142/218(?)bpm
消費カロリ: 3281kcal
獲得標高: 3586ft

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

SFR400kmブルベ(Hopland)

更新をサボってますが,今年のブルべは既に200kmを2つ,300kmを1つ走ってます.400kmはSan Francisco Randonneursで走ってきました.

雨の心配が無く,また600kmのように着替も持たないとすると「BMCでバッグ無しでいけるか?」と思いましたが,コースを見ると補給状況が悪そうで食料を積む必要アリ.400kmなのにRest Stopは4カ所のみ(昨年は3カ所だったらしい).しかもガソリンスタンドに付帯のmini martが多く,まともな食事は期待出来ません.Trekにリアバッグを付け,オニギリ,アンパン,スナックなどなど,大量の食料を積んで行きます.

当日朝5時過ぎにGolden Gate Bridgeのたもとへ集合.恒例の誓いを立ててスタート.

Start-CTRL1: Bodega Country Store (63.4mile地点)
今年から新設されたというBodegaのコントロールまでの長い区間.昨年はこのstopが無く,スタートから81.2mile (130km)もの区間rest stopが無かったというから驚き.

Fairfaxの手前で日の出を迎え,朝霧が残るNicasio Valleyを通過.ここは冷たい空気の固まりが溜まるところのようで,ぐっと冷え込みました.

Nicasio Valley

2年前のMarin Century(metric)でも越えたWillson's Hill Rdの激坂を登って頂上へ.このあたりの山全体が緑の牧草に覆われていて非常に綺麗です.

Wilson Hill Rd Summit

こっちは昨年のMarin Centuryの復路で通ったChileno Valley Rd沿いの牧草地.8月のMarin Centuryでは枯れ草の黄色い山だったのに,いまの季節はこの青々とした緑.すばらしい景色.

Chileno Valley Rd

最初は20名ほどいたグループも散り散りになり,先頭の5名ほどに付いて来ましたが,最後の最後で千切れたままBodega Country Storeに到着.10:00前.具だくさんのスープを買って,持ってたオニギリと一緒に朝食.

CTRL1: Bodega Country Store

CTRL1-CTRL2: Guernville Safeway (80.61mile地点)

わずか17mileほどの最短の区間.さっきの先頭集団と出発しようかどうか迷ってましたが,どうせ追いつかれるだろう,と先に出発.

出発してすぐに,噂の"Joy Rd"へ.名前とは裏腹に,皆が"Joy sucks!"と言っていた急坂.

Joy Rd entrance

確かにかなりの急勾配が長く続く道.途中で1000mile Club(年間double century x 5本完走)ジャージを着たBrianに追いつかれ,話しをしながら頂上へ.5本の内訳がなかなかすごく,Mt. Tam doubleとTerrible Twoが入ってました.特に登りが強いライダー.Alta Alpina 8 Pass (20300ftを登るダブルセンチュリー)の話題になりましたが,この彼をしても「まだ先かな」とか..

Joyの頂上から下ったところで,2007 PBPジャージのMikeとも一緒になり,Occidental->Monte RioでRussian River沿いへ出て,CTRL2へ.11時30分頃.もうお昼です.

CTRL2-CTRL3:Hopland Velreo Mini-Mart (133.21mile)

折り返しポイントへの53mile区間.CTRL2をMike, Brian,Andreaと一緒に出発.AndreaはSFR300kmでも見かけた女性ライダー.Pinarello PrinceにHyperon Ultraというバリバリのレースバイクでのブルベ.フロントポーチにうまく荷物をまとめてます.私もBMCで同じようにしてくれば良かったか.結局この3名の方とはゴールまで300km近くを一緒に走りました.

Andrea (Westside Rd)

Russian RiverからWestside Rdで北上.ワイナリーの中を抜ける道.2月末の300kmの時に逆向きで走った道.みんな「なんか分からないけど,こっち向きの方がイイ」と言ってます.それは追い風だからでは?

2月の時はワイナリーのブドウは完全に葉がなかったですが,そろそろ葉が生えてきたものもありました.

Westside Rd

追い風に助けられ,また,ローテーションもうまく行って終始20mphをマークするハイペース.Cloverdaleを過ぎ,1300ftほどの最大の山越えも果たして,Hoplandへ.

Mountain House Rd Summit

15時過ぎにHopland到着.折り返し点.しっかり目に食べておきます.私はroast beef sandwichを食べました.

CTR3: Hopland mini mart

Andreaが持ってたポカリスエットの粉末.懐かしい〜.アジア系スーパーで入手したとか.日系スーパーでも高値を付けて売ってます.飲み慣れた味で口に合うんですが,高くてなかなか買えない代物.

Something I didn't expect to see in the US

CTRL3-CTRL4: Petaluma Safeway (205.01mile)

CTRL3で人数が集まり,8名で出発.この先はずーっと向かい風なので人数が多い方が助かります.

US101を南下中.今日はTriple Crownジャージを着てます.

Hwy101 southbound

8人によるローテーションで向かい風でも18mph程度をキープ.この中には,Everest Challenge (2日で29000ftほど登る)のfinisherのClay,Alta Alpina 8 Passの完走者の方(お名前失念)もいて頼もしい限り.400kmの帰路とは思えないハイペース.

ちなみにこの白ジャージの方(Tomさん)は,Selle An-Atomicaのファウンダー.東京にも長く住んでいて,同社のサドルも日本で売ってるとか.

Paceline w/ 8 riders (Hwy101 southbound)

ひたすら向かい風&アップダウンが続くワイナリーの道を走り,Chalk Hill Rdというので一山越え,Windsorへ.このあたりから私もぐったり疲れて,ローテーションも乱れ気味.最後まで強くて引いてくれるのはMike, Andorea, Brian. 私はGPSがあるんで,もっぱらナビゲーション役になってしまいました.

Santa Rosaの北端あたりのコンビニでトイレ休憩して夜間装備に変換.ほどなく日がとっぷり暮れて,一路Petalumaを目指して南下.Petaluma City Limitの看板を見たときは歓声があがります.

Petaluma直前でちょっとしたアクシデント.道路に鋭角で線路が横切る,悪名高い場所があるんですが,その通過時に先頭を引いていたClayが転倒.その2つ後ろにいた私もかろうじて難を逃れました.Clayもうまく受け身を取ったようで,自転車,体ともに大丈夫.ホッとしました.

8:30過ぎにPetalmaのSafewayに到着.SFR300kmで使い慣れたControl. いつものスープやDeliはもう終わってます.スシに目が行き,Andreaとシェア.生魚系もありましたが,好みがあるかと思い,無難にカリフォルニアロールで.この"Tsunami"ブランドの寿司はPalo Altoでも見かけますが,まぁ普通に食べられます.先にいたライダーがお裾分けしてくれた,チキンのBBQもシェアして,ちょっとした遅めの晩ご飯.

Shared California Rolls

CTRL4: Petaluma Safeway

CTRL4-Goal: Golden Gate Bridge (248.65mile)

いよいよ最後の45mile.走り慣れたコースだけに,いくつ,どれくらい登りがあるか分かっててちょっとひるむ.

Petalumaの古い町並みを残すダウンタウンは雰囲気も良く,着飾った男女が街を歩いてます.そうだ,今日は土曜の夜なんだった.窓越しに見える,暖かそうなレストランの店内は目の毒です.

Pt. Reyes-Petaluma Rdに入って最初の峠が残された中では一番キツイ峠.summitでregroupしよう,といってそれぞれに登ります.トリプルのフロントインナー(30歯)はgrannyギアと言われようが何と言われようが,使わせていただきます.この峠は何とかBrianについていって先頭で通過.

最後まで衰えないMikeに引いてもらって,寒々としたNicasio Valleyを抜け,600ftの山越えてSir Francis Durake Blvdへ.さらにもう一つ600ftのピークを越えて,Fairfax到着.

土曜23時のFairfaxは夜の街.バーに集う人達で賑やかです.ヘンテコなヘルメット,反射素材と蛍光素材に身を包み,派手な電飾のようなライトを付け我々はさしずめエイリアン(笑).

Fairfax, Anselmo, Larkspurと淡々と進んで,最後のCort Maderaの坂はどん尻で通過.もうぐったり.

Sausalitoに入ると,San Franciscoの夜景が対岸に見えます.とうとう帰って来たよ..

Golden Gateへの最後の坂では私は元気がなく,ズルズルと最後尾.気付くと,TomとAndoreaが居ない.Mikeが下がってきてくれて,「TomとAndreaが来るまでゆっくり行こう」と.そうだよなぁ,300kmも一緒に走り,向かい風と戦ってきて,一緒にゴールしないなんて考えられないよ.

ゆっくりというか私的にはめいっぱいで登ってると,後ろからライトがチラチラと.振り返る元気もなく,"Andorea?"と確認すると, "Yes!"と.よかったです.

橋のたもとで7名全員がそろって,ゲートオープン.

Golden Gate Bridge

見事な夜景を楽しみながらGolden Gate Bridgeを渡り,最後はみんなで歓声をあげつつゴール.ゴールは0:17. 18時間17分.結局7名とは後半のほぼ200km. 中でもMike, Andrea, Brianとは300kmに渡って走った事になります.一緒に走っていて楽しく,頼もしい,素晴らしいライダー達でした.600kmでも会えるといいね,といいつつ解散.

ここ3年,Davis Club, Santa Cruz Randonneurs, San Francisco Randonneursと3つ400kmを走りましたが,これが一番きつかったように思う.力が落ちてるのかな,という気もしますが,獲得標高を見て納得.11207ft(Polarによる.Garminだとあと1000ftほど多い). そりゃ厳しいはず.

走行距離: 247.4mile
平均時速: 15.9mph
心拍(avg/max): 140/176bpm
消費カロリー: 6194kcal
獲得標高: 11207ft.

ルート: http://ridewithgps.com/routes/48432/

| | コメント (7) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ハイキング | ヒルクライム | ブルベ | 日常 | 自転車